トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の4件の記事

2008年2月29日 (金曜日)

博多屋台“大政”から...。

こんばんは、めぐみです。

2/29は、遅出勤務(10:30~19:00)でした。
出勤前の博多は、やや寒さを感じるくらい。

博多に帰り着いたときは20:30過ぎ頃。
この頃、博多を猛烈な突風と雷が襲い、
私の傘はボロボロに壊れてしまいました。

それでも、風、雨の中、博多の美味を求めて屋台へ。
博多といえば“屋台”という方も多いと思います。
私も屋台は大好き。
お勧めの屋台は、昭和通り中洲バス停前の「大政」さん。
大将と女将さん、息子さんの3人で屋台をされています。

この日は、明日、娘さんの挙式を控えた父という方が
東京の従兄弟さんに付き添われて来店。
娘さんと挙式前夜を過ごす自信がなく、例のご挨拶から逃げてきたと。
「俺は、明日は絶対泣かないから」と言いながら、
従兄弟さんに「いや、貴方は泣くよ」よ慰め?られ、
花嫁の父に、他のお客さんも祝福の“おめでとう”と乾杯が。
私たち他のお客さんからは
「もうそろそろ帰って娘さんと過ごしたら」と帰宅を
勧められていました。
お客さんがみんなひとまとまりになるところに
屋台の良さがありますよね。

今日のメニュー...始まりは、
やはり屋台といえば定番、“おでん”です。
ご親戚が魚屋さんをされているそうで、
いつもカウンターには新鮮な玄界灘の
魚介類がたくさん並んでいます。
私が大好きな“さより”、
青々してキラキラ光ってて、
私に食べて欲しいとアピールしていす。
大好きなお魚“さより”、これも塩焼きで頂きました。

Img_0377_2 

次は、春を感じさせるお野菜が目に入ってきました。
つくしと菜の花です。
菜の花...千葉を思い出しますね~。
お好み応じてお料理して下さいますので、
私は卵とじにして頂きました。
本日、2個目の卵です...大丈夫かな体組成年齢!。

他には、演歌の公演に東京から来られたコーラスの方。
この方は、福岡での公演の度に「大政」さんを訪れるそうです。
博多の美味しいコーヒー豆のお店など、
東京から来福されたこの方に教わりました!。
そして、ご一緒されていた同僚のコーラスの方が、
なんと私と同郷だったんですよ。
同じ町内!!、びっくりしました。
こんな博多の大都会で、同郷の方と出会うなんて。
一時、ローカルな話題に花が咲きました。
ねぇ~、屋台って素敵でしょう。
最後のメニューは、博多っ子ですからね
やはり辛子明太子です。
辛子明太子一腹をかるく炙ってもらい、
外側は香ばしく、中はプチプチと新鮮な明太子。

「大政」の大将と女将さんは、私を娘のように
可愛がって下さるので、お父さん、お母さんと呼び、
息子さんは若大将と呼んでいます。
博多の屋台は、もうこれ以上出店できない仕組みになっていて、
お父さん、お母さんの後は、今から「大政」の存続を
若大将にお願いしています。
最近、ダイエットでしばらくご無沙汰していたら、
“なんばしよったんね、出てこんでから...心配したとよ”と
お父さん、お母さんに、怒られました。
家庭的な「大政」さんは、女性が一人で訪れても安心です。
玄界灘の美味しいお魚から、牛すじの煮込み、天ぷらなど
色々なお料理が食べられますよ。

あちゃ~、お父さんの写真取り忘れました!!。
これはまた、お父さん、すねますよ~。
こんどは「大政」のお父さんで、特集組まないと。
では、次回は「大政」のお父さん屋台特集です。

2008年2月28日 (木曜日)

春めいた博多の街から...。

こんにちは、めぐみです。

今日の博多は晴天に恵まれ、ポカポカと暖かい一日でした。
そして、私は夜勤明けの休日です。

今日は久々、本格的に博多散策しました。

散策順路 1. 「中洲」

文字が示すように、中洲状になった土地に建物が立ち、
中洲が福岡市中央区と博多区を結ぶ橋で結ばれています。
黒田長政が1600年に橋をかけて中洲はできたそうです。
今は、水面にネオンの夜景が浮かぶ、
西日本最大の歓楽街と言われています。


散策順路 2. 「川端」

上川端町の博多川に沿ってできたアーケード商店街。
商店街には櫛田神社、キャナルシティといった
博多の名所ともつながっていて、
今は、アジアからの観光客で賑わっています。
今日は、商店街で長谷川法世さんにお会いできましたよ。
ペコッとご挨拶するとニコッとして下さいました。


明治通りから「川端商店街」を進むと、
出口付近に「櫛田神社」と「キャナルシティ」への
分かれ道があります。
今日は、通称“お櫛田さん”と呼ばれ博多の人々から
親しまれている櫛田神社へ行ってみます。
お櫛田さんは、豊臣秀吉公の博多復興時(天正15年)に
社殿が建立されたそうです。
節分時期の福のお面を飾った境内入り口などは有名ですが、
境内裏手にも庭園やお茶室、博多の歴史的建造物が
実物で展示されています。
一度、境内裏手にも回ってみて下さい。

↓「博多べい」です。

1587年豊臣秀吉の戦災復興計画で再興の願いを込めて、焼け石、
焼け瓦が込められた土べいです。

Dsc00202b

散策順路 3. 「土居通り」


散策順路 4. 「大博通り」

土居通りを昭和通りまで真っ直ぐ行き、
昭和通りを渡って右手に進むと大博通りです。
この通りは、博多駅・交通センター付近から
福岡サンパレスまでの直線の大通りで、
全長約2kmだそうです。
かなり歩きました。今夜はウォーキング無しで安静にしていてもよさそうですね。

では、春めいたHAKATAからでした。

2008年2月26日 (火曜日)

雨の博多の街から...。

こんにちは、今日の博多は朝から雨です。

お昼過ぎには雨も小降りになったので、
カメラを持って博多の街を散歩に出かけました。
博多はアジアの玄関口。
大都会のような印象をお持ちの方も多くおられます。
そんな都会の博多にも下町を感じさせる、
小さな路地が残っているんですよ。

Dsc00183b_2

昭和通りを歩いていると、雨が小降りから大雨へ。
ホテルオークラさんで雨宿りさせて頂きました。
今、ホテルオークラのロビーには、
昨年の博多山笠が飾ってあります。
写真を撮影していると「ご一緒にお撮りしましょうか」と
ドアガール?さんが声をかけて下さいました。
「いえ、山だけで...」とニッコリお断り。
雨宿りなのに、写真まで撮って頂くなんてね~気が引けて
雨はおさまる様子なく、散歩にはならず帰宅です。

Dsc00186b

これからの予定ですが-、本日から夜勤のため
仮眠に入ります。
その後の予定は、こんな行動になります。

本日、22時30分頃に自宅を出発
明日、0時30分から深夜勤務開始
   9時過ぎに深夜勤務終了
   15時くらいまで仮眠&Free time
   15時30分頃、職場で軽く昼食を取り
   16時30分から準夜勤務開始 
翌々日、1時過ぎに準夜勤務終了
   5時30分くらいまで仮眠を取り、
   その後、博多へ帰宅、
   この日が一日offとなります。

帰宅まで2泊ありますから、今日から、
今夜の夜食と明日1日分のダイエット弁当を
準備して出かけます。

結構、大荷物です、一泊旅行ぐらいの荷物を持参しての
出勤となります。
翌々日は“off”休日になるといっても、
朝帰りですからね~、
あまり休んだ気持ちになれないのがホンネです。
それでも、入院中のこども達が夜中に落ち着いた状態で
いてくれるのが一番の安心です。

では、行ってきます。

2008年2月24日 (日曜日)

約70kgから...。

こんばんは、めぐみです。

博多は雪ですよ...。

こんな夜は、温かいお話を聞いて下さい。

な~んてね。

私の涙ぐましい... ダイエット秘話の始まりです。

                ↓

*「ダイエット秘話」はPCからのみのアクセスになります。 

           Img_1902b   

           Img_0344b      

           

トップページ | 2008年3月 »