« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の29件の記事

2008年3月31日 (月曜日)

博多の守り神「櫛田神社」から...。

こんばんは、めぐみです。

今日の博多は晴れ、午前中は温かい様子でしたが、午後、
サクラ巡りをする頃は風も冷たく寒い!と感じました。
そして、夜からは雨がしとしとと...♪。
その雨のお陰で私は大切な事に気付いたのですから、
洗濯物が雨の被害を受けようと、私が風邪をひこうとも、
この雨には感謝しています。

今日のサクラ巡りは、「お櫛田さん」の愛称で博多の人々を
守って下さる、櫛田神社境内に咲くサクラ。

「角館枝垂れ桜」

このサクラは、お櫛田さん境内の右側に進んだところに
咲いています。
ソメイヨシノと違った、質素で可憐なサクラの美しさを
感じます。
決して「まるで私のよう...」などと、ギャグは言いません。
ですが、サクラに生まれ変わるならこの「角館枝垂れ桜」が
良いですね♪。

2008年3月30日 (日曜日)

深夜明けの病院から...。

おはようございます。

今日の福岡は、雨。
昨夜から、しとしとと冷たい雨が降り続いています。
そして、もう4月も近いのに、肌寒くコートが手放せません。
知人が週末を沖縄で過ごしますと言っていましたが、帰福してからこちらの寒さに驚くかも知れませんね!。

私は先程、深夜勤が終わり、今、朝食を食べ終わったところです。
またきっと、書きかけのこの携帯を握ったまま眠りにつくのでしょう。


と、書いておきながら、時は過ぎ...今、仮眠から目覚めました。

入院して来るお子さん達、やはり、まだまだ嘔吐下痢症の流行があるようです。
ぐったりしてきつそうな、重症の脱水症状等で入院されていてます。
お腹を休めるために、朝までお口から飲めない、食べられないと言うのも辛いようです。
お腹の調子は悪く、食べたり飲んだりも出来ない状態、子ども達のご機嫌も良くありませんでした。

ご家族は入院しているのに、直ぐに症状が良くならないことに、不安が強く夜が長く感じられるようです。
ぐったりした自分の子どもを側で見ているだけと言うのも、親として辛い状況のようです。
こんな時は、真夜中でも病室でご家族の話し相手になるようにしています。
じっくりお話を聞いて、ご家族の笑顔を確認してお部屋を出ます。
お話ししているうちに、ご家族一人がお一人で、子どもさんへ付き添っているのではなく、私達、看護師の存在が近くにあることが実感できると安心出来るようです。

今朝、病室から見たサクラ、ほぼ満開になりました。この雨が続くと、散るのも早いかもですね。

では、準夜勤に出かけてきます。昨夜の準夜勤務者が帰宅したのが3時でしたから、今夜もそれくらいまでお仕事続くでしょうね。
今夜も頑張ってきます。

2008年3月29日 (土曜日)

桜咲く博多から...。

こんにちは、めぐみです。

今日の博多は晴れています。
風もなくほんの少しですが、暖かい日差しを感じます。

さっきお昼のサクラの様子を見物して来ました。
何度もすみません、秘密の場所のサクラですが、
日が経つに連れ、サクラの開花が進み樹木の豪華さが増しています。

道路を覆うように咲いています。

冷泉公園でのお花見の様子...。
昨日と同じく、一本だけ開花の進んでいるサクラの木の下でお花見されていました。
お昼から暖かい日差しとサクラの下での宴会、これからお仕事の私にとっては羨ましい限りです。

どうか、私が夜勤明けてお休みになるまで、サクラが咲いていますように。

2008年3月28日 (金曜日)

今日も仕事帰りの博多から...。

こんばんは、今日の博多は晴れ、ですが...寒いです。

風が冷たくて、これがホントの“花冷え”ですね。

自転車に乗っていて、手が凍りそうでした。

今夜も、帰宅途中に夜桜見物してきました。

秘密の場所のサクラ...

この一本のサクラの木、森の中ならあっても不思議では
ありません...。

このサクラ、都会の道路に面した場所の2階に届くほどの
高さに一本だけ咲いています。

都会の生活で疲れた人たちを、和ませ包んでくれるように
豪華に咲くんですよ...。

こんなに語っていたら“秘密の場所のサクラ”が...。

今日の土居通りお櫛田さん付近の“サクラのゲート”は、
昨日より開花が進んでいて、7分咲きぐらいかな...。

サクラに願いを込めて、願い事しながらゲートをくぐる...、

そう考えていたのですが、一日でこんなに開花するんだって

感心して眺めて、写真撮影していたら...。

通過...して...しまい...、願いを忘れて、
次のサクラへ到着してました。

写真は冷泉公園で一本だけ開花が進んでいるサクラの
下でのお花見の様子です。

今日は、今日もですが、風が冷たく寒く感じたのですが...。
一本だけ開花したサクラを囲むように、2~3グループの
お花見が始まってました。

これから、週末の雨が心配ですね。
お花見シーズンですが、来週が本番でしょうか。
私もお弁当を持ってお友達とサクラの下で
お昼ご飯を食べに行かなきゃ。

やっぱり、開花の様子が進んでいるのは、病室の窓から
見えるサクラのようです。
もうすぐ満開でしょうね~。

今日も、博多の夜桜情報をお届けしました。
明日は、お昼間のサクラの様子をお届けしますね。

では、明日もお楽しみに。

2008年3月27日 (木曜日)

仕事帰りの博多から...。

こんばんは、めぐみです。
仕事帰りです。

私が楽しみにしている、秘密の場所のサクラですが、

3/25より開花が進み、3分咲きってところでしょうか?。
冷泉公園のサクラ、一本だけ綺麗に開花し始めているサクラを見つけました。

冷泉公園には、たくさんのサクラの木があるのですが、
この一本だけなんですよ、開花し始めているのは!。
お日様の当たり具合とかで、開花の進みが違うのでしょうか?。
その次に、土居通りからお櫛田さんへ向かう、歩道のサクラ並木。

ここも3/25より開花が進んでいて、明日には素敵なサクラのゲートが
見られるかも知れません。

週末のお天気が心配ですね。
このゲートをくぐらないまま、サクラの季節が終わっちゃったらどうしよう!。

どうか空の神様、雨や強風には、サクラの季節が終わるまで、
お休みをあげておいてください。
今日、最後のサクラは、職場の窓から見える、暖冬の真冬の時期に咲いたサクラです。
毎日、このサクラだけは開花が進んで、今日はたくさん咲いていました。

入院中の子ども達やご家族の気持ちを癒してくれる、優しいサクラです。

このサクラも、今が見ごろのようなので、やはり週末のお天気が心配ですね。
どうか空の神様、雨や強風さんには、しばらく入院していただいて、サクラの季節が終わる頃に退院の許可を出してください。

2008年3月26日 (水曜日)

満開近づく桜の街博多から...。

こんにちは。

大変、お待たせいたしました“サクラ情報”です。

職場の窓から見えるサクラ、真冬に咲いて取材を受けた...。
私が1日お休みの間に咲いていました。
6分咲きってところでしょうか...。

次は...、

ここは、私の秘密のお花見場所です。
私が毎年、楽しみにしているサクラです。
このサクラ、まだ、蕾が多くて、2分咲きぐらいですが、
満開に咲くと見事です。
道路に面している枝があり、サクラのアーチのように豪華に
見えるんですよ。

去年、満開の風の強い日にこのサクラの下を通りがかったら、
サクラの花が舞って、花びらに包まれたんです。
ダイエットに頑張っているご褒美と思って喜びました。

冷泉公園、歩道のサクラ共に、開花はまだのようです。
冷泉公園は、桜が咲き始めるとお昼はお子様連れのママが昼食を、
夜は会社系のお花見会が行われるほど昼夜を問わず賑やかです。

歩道のサクラは、ここを歩いているとサクラのゲートの下を歩いているよう
な感じになります。
満開の時期には、ほんとに綺麗ですよ。

博多のサクラの名所「西公園」も、昨日現在ではまだ蕾の状態で
ほとんど咲いていませんでした。
せっかく...行ったのに...。
博多のサクラの名所「舞鶴公園」、福岡城趾付近、蕾です
舞鶴公園、福岡城趾付近は、西公園に比べると少し開花して
いるサクラの花が見られました。
そして、サクラの枝全体がほんのり赤らんで見えるので、
暖かいお天気の良い日には、開花が早まるのでは...。

以上が、昨日のサクラ取材の報告です。
まだまだ、咲いているとは言えず、何しに行ったのか。
そうですよね、まだ寒いのですから...。
今週末くらいから咲き始めるようですよ。


歩いて西公園まで行くつもりが、夜勤明けに
甘えて...で行ってしまいました。
帰りは、歩かないとと思っててくてく歩いていたら...、
雷、雨に...。
大濠公園で足止め...寒い...。
直ぐに、地下鉄コンコースへ駆け込み、帰宅。
昨日は、サクラ開花の情報も得られず、ダイエットにもならず
の休日でした。
また、週末に出かけて博多のサクラ開花情報お知らせしますね。

では、今日はこのへんで。



2008年3月25日 (火曜日)

春を告げる博多から...。

こんばんは。

今日の博多のお天気は、複雑な春のお天気でした。
夕方からは...若干冷えてきました。

今日は、夜勤明けのお休みです。
博多のサクラ巡りもしてきました。
その様子も書きたかったのですが、

明日も早いので今夜は
これくらいにして、

サクラの開花状況は明日のブログで
紹介しますね。

2008年3月24日 (月曜日)

異動の発表後から...。

おはようございます、めぐみです。

今日の福岡は晴れのち時々曇り、風が強くやや寒く感じます。

今は、深夜勤務も無事終わり、仮眠から目覚めたところです。

写真は病室から見えるサクラです。
このサクラ、数年前の暖冬の時には、真冬の時期に花を咲かせて新聞社の取材を受けて新聞に載った事もあるんですよ。
今日は一分咲き?ぐらいですか、綺麗に開いているサクラもありました。

これから毎日開花が楽しみですが、私はこのサクラもう見ることはないでしょうね。
今日正式に、配置転換か発表になり、小児病棟から赤ちゃん専門の新生児センターに配属されることになりました。
小児病棟を離れる事を全く考えていませんでしたから...、頭を抱えています。

2008年3月22日 (土曜日)

週末の博多から...。

おはようございます、めぐみです。

今日の博多は、晴れ、日中は暖かくなるそうです。
でも、今、朝は風が冷たく寒く感じます。
また真冬のような格好で出勤していますが、
帰りには、暖かくなり恥ずかしい思いをするのでしょうね。

只今、これから出勤なのでバスの中です。
土曜日の日勤は、平日勤務と違い5名の看護師で勤務して
います。平日勤務より2名少ない勤務です。
何故少ないかというと、病院がお休みだからです。
お子さんの数は変わらず、開業医の診療が終わってからは、
救急外来からの入院も多いのです。
ですが...、勤務者の数は少ない、
だから、週末の勤務はさらに過酷な労働になります。

週末の勤務者を増やせば労働も楽になるのでは。
そうすると、その月の休暇がとれなくなるんです。
不思議な悪循環ですよね。

朝から、重たい話題に触れて...。
週末勤務が多いので、ついつい愚痴ってしまいます。

大切な事は、勤務者が少ないから子ども達やご家族の方が
不安になったりお待たせしたりする事のないようにと、
気持ちでは心掛けて働いています。
では、今日も頑張ってお仕事励んできます。

“-20kgダイエット”その心理から...。

こんばんは。

今夜も帰宅後、VAAMを飲んでウォーキングしました。
-20kgの今でも、食事療法、運動は続けています。
身体の筋肉量が落ちるとリバウンドし易いこと、
リバウンド防止には、継続した食事・運動療法が必要で
あることをjimのトレーナーから教わりました。
ですから、今でもそれを継続しています。

ダイエットの過程で、そして今でも多くの方から...。
「意思が強いね...どうして、そんなに頑張れるの...」
「辛くないの...きついでしょう...」
「見違えるようだね...」お世辞?
...と、心配や励ましの声を掛けて頂きました。

でも今、考えても、そんなに辛い思いはなかったんですよ。
1月の寒い時期から始めたので、寒い夜のウォーキングは
さすがに嫌でした...。

それよりトレーナーから「2週間に一度、好きな物を
食べて下さい」と勧められた、
「ご褒美夕食」が楽しみだったり、
毎日、少しずつ減少していく体組成年齢を確認することが
楽しかったですね。
自分で1ヶ月に一回は、「ご褒美お買い物」なんていうの
まで命名して、痩せていくことに頑張れる自分に自分で
ご褒美をあげました。甘いかな~...。
ですから、ダイエットの過程はむしろ楽しかったのです。

「行動」食事・運動療法→「成果」目に見えて減っていく体重→「報酬」ご褒美夕食・お買い物

このサイクルが上手く機能して、楽しく痩せられたのだと
思っています。

今夜は“-20kg その②”の付録、ダイエット“気持ち編”を
お届けしました。

2008年3月21日 (金曜日)

“-20kg ダイエットへの挑戦”から...。

こんばんは、めぐみです。

今日、私の頭の中はで、何故か頭痛が...。
この暖かかったり、寒かったりする不安定な気候の
時は頭痛がきますね、早めの鎮痛剤で今は大丈夫。

昨日は、「恵です!~沖縄コレクション」をお話しました。
このまま、旅行記を続けようかと計画していたのですが、
友人から「ダイエットの様子が知りたいのに話が...
進んでない」とご指摘受けました。

そこで、今日は“-20kg ダイエットへの挑戦 その②”を
お届けしましょう。
前回“その①”では、ダイエットに詳しい医師に相談して、
少し体重を落としてから、運動を始めた方が関節への負担が
少なくBestな方法というところまでお知らせしましたね。

それで、次に何を行ったかというと...。H18年1月から、
すごく簡単な食事療法を...始めました。

外食を止めました。 
コンビニでのお買い物を止めました。
職場での出前を止めて、お弁当持参するようにしました。
間食を少なくして、カロリー表示のあるダイエット用の
クッキーなどを食べるようにしました。
温野菜を中心とした食事を多く取るようにしました。

まず、この食事療法を...とりあえずやってみました。

食事療法、辛いというより、楽しかったですよ。
温野菜はレンジでチンするだけで美味しいですし、
いろんな大豆使用のダイエットクッキーやゼリーなど、
今まで食べたこともなかったおやつに出会えて...。

ダイエットは体重を落としても、筋肉量は落としてはいけない。
ということで、筋肉に必要な蛋白質が多く含まれた、
大好きな納豆、お豆腐を毎日食べました。
豆乳も、抹茶味、バナナ味、フルーツ味など味を変えて毎日、飲みましたよ。

そして、“お弁当箱”にもこだわりました。
お弁当の中身が、野菜中心でしたからお弁当箱くらい楽しんでもいいかな~って思って、あれこれと...。お買い物に行く度に増えていったお弁当箱。

そして、軽くウォーキングも始めてみました。
あまり激しく運動すると、体重が関節にかかり身体を痛めるので、
軽く散歩程度に始めてみました。
歩く距離は「大博通り」1往復、約2kmです。
博多駅からサンパレスまでを毎日、1往復しました。

歩き始めたのが1月からでした。
寒かったです...、寒くて何度もよそうと。
でも、そのたびに“体組成年齢 57歳 ”が蘇るわけです。
寒くても歩きました、汗なんてかくわけもありません。
歩き終わるころにようやく、身体が温まる感じでした。
それでも、何かしないとこのままでは還暦を迎えてしまう。

効果がでてきたんですよ。
ウエストが...ちょっとゆるゆるのような気がして。
実際、体重も4kgほど落ちていました。

そして、この後、2月からはスポーツジムに入会し、
本格的に運動を始めました。
それからの体重の減少は、自分でも信じられないくらい
あっという間に...しかも、病気もせず...。
好きな大豆食品食べて、好きな博多の街を歩いて。
また機会がありましたら、ジムでの様子などお話しましょうね。

2008年3月20日 (木曜日)

沖縄旅行の思い出から...。

こんにちは、めぐみです。

今日は夜勤明けのお休みです。
朝、帰宅するとき風が強かったですね。
どんより曇っていて、お外は2、3日前の暖かさが嘘の
ように...今日はお昼間も寒いです。

今、丁度、沖縄へ思いを馳せていたので...、
窓を開けると余計に寒さが強く感じられます。
こんな時は、やっぱり、暖かい沖縄へ一っ飛び。

只今、BGMは...「島唄の風~沖縄ベストコレクション~」。
好きな曲は...「芭蕉布」...。沖縄は家族と暮らしていたこともあり、旅行というより
里帰りみたいな感じですね。
空港に降り立つと、すぐに感じることは空気が暖かいこと。
そして、海です、透き通るほどの青さ...。

そして、沖縄といえば...。
南国特有のお花とシーサーが飾ってあるお庭。
空の青に赤い原色のハイビスカスが映えますね。

も一つ沖縄といえば...。
じんべいザメの美ら海水族館...。
写真がないのが残念なのですが、水族館の下からビーチに出る
小道があって、そのビーチからみる夕日が
これまた素敵なんですよ~。
美ら海水族館へは、晴れた日の夕方に。

首里城趾、そして、守礼の門です。
約25年前に初めて沖縄を訪れたときには、こんなに鮮やかな
彩色ではなかったんですよ...。
それが、今では、赤...というより朱色が鮮やかですよね。
綺麗に再建されています。
正殿へ続く朱塗りの歩道は、神様の通り道を横切っては
いけないそうで、あえて斜めになっているとか。

そうそう、ガラスや陶器、小物をお買い求めの際は、
国際通りの「鍵石」キーストーンと呼ぶ?お店があります。
ここはね、すごく丁寧なんですよ...綺麗にしてもらえて
安心して持ち帰ることができます。
なんで?..それは、丁寧なんですよ。

沖縄の「島みかん」。
実のなる時期に台風の雨風により傷ついてしまって、
表面の見た目は綺麗ではありませんが、
お味はミカンとオレンジとポンカンを
足して3で割ったような美味です。

今日も長々と書きました。
まだまだ沖縄の魅力...お伝えできていませんが、
私の趣味、嗜好はご理解いただけたかと...。

2008年3月19日 (水曜日)

新築の仮眠室から...。

おはようございます、めぐみです。

先程、深夜勤務が無事に終了しました。
もちろん子ども達にとっても、私にとっても無事に
終了でしたよ。

朝の採血を検査室へ持って行き、どうか結果が悪くなって
いないように、測定している器械に向かって、両手を合わせ
「どうか神様、仏様、稲尾様」と神頼みしたところ、
検査技師さんから...
「カッ、カッ、看護師さん、それエラク古いですね」と
笑われました。
次回から稲尾様を観音様ぐらいにしましょうか。

今日の福岡内陸部は、夜中から強い雨がふり続いています。
寒さはそれほど厳しくはありません。

今、私は、新しい仮眠室にいます。
広々とした玄関、未使用でピカピカのキッチン。
まだ、お部屋は新築の香がのこる真っ白な壁。
お風呂、洗面所も一般のマンションと同じく、トイレ、
お風呂別で、給湯、シャープドレッサー完備です。
もう以前の薄暗くかなり古い歴史と恐怖を感じた仮眠室とは、
全くと言っていいくらい違います...当然ですが。
ここなら住んでもいいと思えますね。

時は過ぎ、またまた書きかけの携帯を握ったままぐっすり
眠ってました。
新しい仮眠室のエアコンは、程よく調整ができて寒くなく快適、
目覚めスッキリです。
ではこれから、身支度を整えて遅いお昼兼早い夕食を食べて、
準夜勤務に出勤です。

これは、どこの小児病棟でも同じかと思いますが、以前と
比べると最近、お子さんの入院が減少し、成人の患者さんを
小児病棟で受け入れていることがあります。
接し方の切り替えが難しいですね。
ついつい、成人の方にもお子さんに話しかける語り口調に
なってしまって。
そろそろ考え時かも知れませんね。
最近続いている毎回の面接にも疲れたし、
小児医療に打ち込める施設を、探さないといけないかも。

では、準夜勤務も子ども達が安静に眠ってくれますように、
「神様、仏様、稲尾様!!」宜しくお願いします。
行ってきま~す。

2008年3月18日 (火曜日)

福博の街から...。

こんにちは。

先ほど、天神ぶらぶらから帰宅しました。
今日の博多は午前中は晴れて陽差しもありましたが、
午後からはどんより曇って蒸し暑さを感じます。

ほぼ毎日、天神、昭和通り、明治通り、大博通りのいずれかを
歩いてます。健康のための博多ぶらぶらですよ。
どの通りも花壇が綺麗に整備されていますね。
さすが“アジアの玄関口”です。

こんな感じで今日はぶらぶらしてきました。
あまりじっとしている時間がないでしょう。
ダイエットを心がけるようになって、
出来るだけ活動していようと決めて...、
一日一回はお外に出て歩くようにしています。

今日はこれから夜勤です。
この人は夜勤専門の看護師かと思われてるでしょう。
月に5回は夜勤ですから、週2日は夜勤なのです。
一週間に2回夜勤が入ることもしばしば...。
ですから、夜勤ばかりしているように見えますよね。
どうか今夜も子どもたちが安静に眠れますように。
それを願いながら、私もこれから仮眠に入ります。

明日は新築の仮眠室に行ってきます。
多分、今までのお部屋より良く眠れるでしょうね。

では、今日はこのへんで。

2008年3月17日 (月曜日)

隠れ家“Nico'la”から...。

こんばんは、めぐみです。

今夜は、以前一緒に働いていたお姉様方とお食事会。
でも、いつもの隠れ家的な存在のイタリアンのお店に
連絡取れず、未だ場所が未定なのです。
どうなることでしょう?。
また、そのお食事会の様子は後ほどお知らせしますね。
では、行ってきます。

時は過ぎ...、夕食の時間となりました。

今夜のお食事処が決まったのは18:30...。
段取りが悪いですよね...それだけ毎日忙しいの...。
あれこれと...仕事も...。

それで、何処に決まったかというと、
いつもひっそりこっそり出かけていく、
私たちの隠れ家のような創作イタリアン料理のお店“Nico'la”。

まだお若い店主様がお料理からお給仕まで、
お一人で担当されています。
お若い店主様がお一人だから...隠れ家にしたのではありませんよ。

街中の小さな公園に続く緑が茂った小道の脇に
ひっそりこっそり佇むニコーラ...。
店内はレトロな雰囲気を醸し出す間接照明、
黒板に手書きで書かれたメニュー、
ディスプレイされたワインボトルの数々、
落ち着いた“大人の空間”を演出されています。
美味しいワインとお料理でゆっくり会話を
楽しみたいときにはいつもニコーラです。 


今夜は、魚介類の前菜から始まり、ブロッコリーのプリン風ムース、
雲丹とアスパラのパスタ、白身のお魚とイタリア米のリゾット。
ワインのおともに生ハムとピクルスの盛り合わせ。
自家製生チョコケーキとパイナップルのシャーベット。

どのお料理も口に運ぶと、新鮮なお野菜の香りがほのかに残り、
一足先に春がきたような感じで美味しく頂きました。
とっても美味しくって、おかわりまでした生チョコケーキです。
このケーキは、“食べてみらんとわからん!わからん!”の美味しい世界です。

パンからパスタ、ピクルス、デザートのケーキから
シャーベットまで全て店主様の手作りです。
手作りは当然なのでしょうが、それを全てお一人で
美味しいお料理を出してくださるところに、
店主様の料理人としてのこだわりを感じますね。

今日は色々“おめでとう、乾杯!!”のお食事会でした。
お姉さん方と私も含めて三人ですが、
職業は医療施設勤務という共通点はあります。
ですが、三人三様の全く違った生き方、暮らしをしており、
一度、会話が始まるとお互い自分の立場から、
剛速球並みのトークが交わされます。
この剛速球トークは、男前の私にとってすごく分かりやすく、
モノの見方や考え方が楽になることがあります。
ストレートでキャッチしやすいトークです。

あちゃ“おめでとう”なのに...、
お祝いするの忘れてた...
明日あたりまた剛速球が飛んでくるかも。
まっ、許してくれるかな~、私だけ今日も面接だったし...。
今日も元気にお仕事して、剛速球トークに鍛えられ、
美味しいお料理に癒された有意義な?一日でした。

では、今夜はこのへんで。

2008年3月16日 (日曜日)

博多の名所から...。

こんにちは、めぐみです。

今日は、天神をぶらぶらと...。

伝説の“照和”へ行ってきました...。

今でも営業中ですよ。

一度訪れてみたいと思っていた“照和”。
多くのフォークミュージシャンが活動した場所。
ステージ、ピアノや楽器にフォークの呼吸を感じるような
そんな印象をもてる雰囲気でした。

では、今日もおやすみなさい。

2008年3月15日 (土曜日)

看護研究会に向かうバスの中から...。

おはようございます、めぐみです。

今、研究発表会へ向かうバスの中。
今日の博多は、昨日の雨が嘘のような晴天です。
週末は「晴れる」という予想。


今日は職場で研究発表会が開催されます。
研究発表会は年2回開催され、
日ごろの看護活動で生じた疑問や問題について、
看護学研究法という手法を用いて問題解決に
取り組んだ結果を発表する会なんです。

何故、お気楽な私がそんな硬い会に出席しているか?。
それはですね、研究委員会のメンバーなのです。
何故、お気楽な私がその委員会のメンバーかは未だ不明?。

私達の職場には、患者さんを直接看護するだけでなく、
委員会やプロジェクトチームなどの活動を通して
看護の質を上げていこうという取り組があります。
研究委員会もその活動の一つを担っています。

では、これから研究発表会で頑張って司会進行やってきます。

2008年3月14日 (金曜日)

ホワイトデーの博多から...。

こんばんは、今夜もやや定刻より遅く帰宅しました。


今日は、職場で看護師の「寿退職」がありまして...。
私のではありませんから、ご心配なく。
思い出話など語って、記念撮影、最後のご挨拶などしていました。
退職するTさん、彼女も私が看護学校で教えた学生さんの一人です。
一年間の米国留学から帰国後、看護師となって5年目。
素直な暖かい姿勢でお子さんにもご家族に丁寧に接していました。
お勉強もよくしていて、きちんと看護の視点から根拠をもとに
お子さんのケアを考えてくれる看護師でした。
こんな頑張り屋のTさん、きっと家庭にはいっても、
素敵なお嫁さんだと思います。
末永くお幸せに。


ところで、今日はホワイトデー。
みなさんはどんなホワイトデーでしたか。
私は...ムフフフフ...内緒。


明日は研究会があり、私はその研究会の司会者。
今から司会進行の内容を考え、原稿を作成します。
研究、教育、臨床...という、お勉強の継続、
この3つは何時の時代も、看護師活動の基本ですね。
最近は...経営ということもお勉強が必要。

では、おやすみなさい...。

2008年3月13日 (木曜日)

帰宅前、夜の博多から...。

こんばんは、めぐみです。

先ほど帰宅しました。

今日はこども達、少しずつ元気になっいて、
病棟もお昼ご飯も定時に食べられ、落ちついて仕事ができる状況でした。

いつも、休み明けで出勤してこども達の様子を見るまでは、
その状態が落ちついているかなぁと心配ですね。
回復していなければ、夜勤でのケアが足りなかったかなと。
でも、今日は元気に回復しているようですから
良かった、良かった。

博多の街もずいぶん暖かくなりました。
夜の街を撮影していても寒さを感じません。
チャリ通の時に必要だった、手袋もいらなくなりましたよ。
日中は5月上旬の陽気だったとか...。

今日は博多の夜景をご覧頂きました。
ちょっとピンぼけですがお許し下さい。
自己流で自分が見た所をそのまま撮影しています。
写真も勉強しなきゃですね...。

では、明日も早いの今日はこのへんで。

2008年3月12日 (水曜日)

暖かくなった博多から...。

こんばんは、めぐみです。

今日はですね、博多は陽差しが眩しいくらい
だったのですが...黄砂で霞んでました。
福岡県内陸部は20℃近くまで気温が上昇したようです。
サクラがいきなり咲いてしまうかも知れませんね。

昨日の夜勤が今朝の2時に終わり、
念願の水分補給も叶うことなく2時まで...
看護師3人、走り回っていました...。
医師も居残りしてくれてお手伝い...強制ではありませんよ。
連携です...支えあいです...。

成人の患者さんと違って、言葉で自分のことを表現できない、
自分で自分を守ることができない
小さいお子さんをお預かりするには人手が必要なのです。

どんな処置をするにしろ、処置による危険がないように
確認する看護師と処置を実施する看護師...最低二人は必要。
高度な技術を必要とする処置であれば医師も +α 。

いつも合い言葉は、“支えあい”。

幸い、私の身体が走れるように軽くなっていたので
1時間遅れくらいで、仕事を終えることができました。

でも、さすがに朝は早起きできなかった...、
せっかくの...お休みの時間をもったいない。
それでも、ぐっすりお寝坊したせいで、
今日もお昼間、元気に博多ぶらぶらしてました。

今日は川端商店街で和紙の専門店に入り
和紙のテーブルマットを購入。
明日からは我が家の食卓が料亭のようになるかも。

小さなサクラ柄の色紙も購入。
お店の方から“台紙はいりませんか?”と尋ねられ

“メッセージカードにしますから”と答えると、

お店の方 “メッセージカードですか...、
     そういう使い方もあるんですね、いい話ききました。
     今度、そういう使い方提案しますね”と。

川端商店街の営業に貢献してきました。

そして、キャナルシティ、中洲を通って
きらめき通りまで歩きました。
2kmぐらいあるのかな~?。
でも黄砂がね~、今でも目がしばしばしてます。

天神では、置き時計を探しました。
看護学校で教えて小児病棟に配属された看護師が
結婚するのでお祝いに新婦ご希望の
“和室に似合うシンプルな時計”を探しました。

オニキスの石を土台とした電波時計...
木目のシンプルな置き時計...
有田焼の陶磁器製の置き時計...
ガラスの温・湿度計付き時計...
真珠専門店の真珠がデコレーションしてある時計...

これからは、電波時計が多くなるようですよ。
時計の説明を聞いて、ご本人にもう一度ご希望を
確認してはと言うことになり、今日はみるだけでした。

新婦は教え子でしたが、私が体調を崩したときに
てきぱきと医師に連絡を取り、勤務の状況を調節し、
いつの間にか私の方が看護されてました。

自立した看護師に成長されたのを嬉しく思います。
これからも末永くお幸せにですね~。

今日もぶらぶらという割には、かなり歩きましたね。

明日は遅出勤務、忙しいので明日中に帰宅できるか。

では遅出に備えて、これから安静に入ります。

2008年3月11日 (火曜日)

最後の仮眠室から...。

おはようございます、めぐみです。

今、深夜勤務が終了しました。

2、3日前に比べると入院されているお子さんがかなり増えています。

看護師3人の夜勤体制なのですが、3人とも重傷者を診ていたので
交替で休暇する事も出来ないほど多忙な勤務でした。
業務開始した時点からそんな多忙な状態でしたから、気づいたら、
あっという間に朝が来て、日勤の看護師が出勤してました。

そして、私は今、博多へ戻るバスの中です。
いつもなら、この後準夜勤務が16:30開始になるので、
そのまま看護師寮の仮眠専用のお部屋で仮眠を取るのです。
でも、今日は看護師寮新築に伴い仮眠室も移転し使用出来るのは
今夜からとのこと。
このお部屋、今日から取り壊されます。
そう聞くと名残惜しい気持ちもありますが、
今時、珍しく、トイレ、お風呂、キッチン全て共同使用でした。
かなり古くて、薄暗くて恐怖でした。
来週からは、新築の1DKマンションタイプの仮眠室、楽しみです。


時は過ぎ、今は準夜勤務出勤のために、再び、バスの中にいます。
仮眠を取りに帰宅したのか、ただちょっとした夢を見るために
帰宅したのか、自分でもわかりません。
でも、いきなり暖かくなりましたね。
明日の朝、夜勤明けで帰宅する時の寒さを考えると
コートを着て出勤しています。
しかし、博多の街ではこんな真冬の装いの方は、どなたもいないようです。
このまま、春の日差しが続いてほしいですね。

こんなに暖かくなって来たのに、何故、入院して来るお子さんが
いきなり増えたのか、いまひとつ謎ですね。
特に、胃腸炎、嘔吐下痢症が急に増えていました。
小児科は季節労働みたいな特徴があり、風邪や胃腸炎が流行る
寒い時期は超多忙となり、暖かくなるにつれて、
入院のお子さんも減ってくる、というそんな様子です。
ですから、この気候だと例年は、今から減り始めるのに、何故。
みなさんも、流水と石鹸でしっかり手洗いを行い、
胃腸炎を予防してくださいね。


さて、今夜の夜勤はどんな様子でしょうか。
また休暇なしで気付いたら夜中3時頃なんでしょうね。
でも、一番、辛いのは小さな身体で病気と闘っているお子さん達ですから。
私達が頑張らないと、Fight、Fight。
バスの中で、もう一眠りして、これからの準夜勤務に備えよう。
夕食が食べられますようにとはいいません。
せめて、私達が脱水症にならないように水分補給だけでもできますように。
結局、バスはそろそろ到着のようです。
では、準夜勤務へ行ってきます、またね。

2008年3月10日 (月曜日)

博多???から...。

こんにちは、恵です。
今日の博多は、昨日と変わってすごく良いお天気です。
お散歩に出てみたら、コートを着ていない方もあり
半袖の服装の方もお一人...、
羽織袴姿の女性も見つけました...卒業シーズンですね。
博多の街の様子を見ていると、春がそこまで来ているようです。

こんなお天気の良い日は、博多の街を撮影しなきゃ
と思い早速、お散歩へ...。

冷泉公園で花壇全体が満開のポピーと噴水を
カメラで撮影しようとして.........

メディアを....

入れ....

忘れ.....。

では、私はこれから、またまた夜勤です。
しばし仮眠をとって、仕事に入ります。

今日はこのへんで...。

2008年3月 9日 (日曜日)

弱気な毎日から...。

こんにちは、めぐみです。

最近、いきなり風邪ひいて久々に発熱したり...、

すぐに、風邪がぶり返したり...、

いきなり上司との面接があったり...、

いつもは、男前なお気楽な私でも

少々へこみ気味でした。

でも、...

そんな、へこむ日があるから、

心豊かに幸せと思う時が来るのでしょうね...。

どんな時も合い言葉は、“楽しくお気楽に”、

さて、今から...何しようかな~とりあえず安静。

では、お休みなさい。

2008年3月 8日 (土曜日)

“歴史の古い珍菓子”から...。

こんばんは、めぐみです。

今日は遅出勤務。
出勤する時の博多は、とっても良いお天気。
陽差しが眩しいくらいでした。
このままサクラ前線が訪れて欲しいですね。
でも紫外線は...大敵...。

遅出勤務の時は、他の日勤者より2時間遅れの
14:30から一人で昼食に入ります。
今日もいつものダイエット弁当を食べてました。
昼食をとる休憩室のテーブルの上には
スタッフが旅行先のお土産として届けてくれた
お菓子類が食後のおやつとして置いてあります。

テーブルの上には「伊賀名物 かたやき」という
おかき?が置いてありました。
初めて見るおやつなので初物は
頂いておかないと思い、
「かたやき」を強く意識することなく
頂きました...。

頂いた瞬間“......”。
“かたやき”を甘くみていたようです。
顎と歯に強い衝撃を感じましたが「かたやき」は、
表面が削れただけ...。それでも、もう一度Try...。
“ガッツン......”食することは不可能でした。
削れた表面のお味は、ほどよい甘さと
香ばしい胡麻の風味で美味しい。
でも「か..た..や..き..」なんです。

パッケージをよく見てみると、
「割ってお口の中で溶かしながら食べるように」と
説明書きがありました...。
しかも割るためのに「かたやき」専用の
「木槌」も付いていました.......。

先に昼食を済ませたスタッフに聞いてみました。

 めぐ:「かたやきって言うおやつ...食べた?」
 ス:「食べましたよ、硬いけど美味しいですよね」

 めぐ:「硬くてさ~、ガッンときたんだけど」
 ス:「あれは、かたやきですから...。
    割って食べるんですよ、
    説明あったでしょう~、
    木槌もあったでしょう」

珍しさのあまり「木槌」の存在に気づかず、
かたやきを甘く見て普通に食べたのは、
どうやら...私だけのようでした。

説明書によると、この「かたやき」は...、
伊賀の忍者が敵方の屋敷に忍び込み隠れて、
敵状を偵察するときに携帯した滋養の食料。
当時は刀のサヤや柱の基礎石に打ち付けて
割って食べた“歴史の古い珍菓子”だそうです。

現在の食べ方は、手のひらにのせて木槌で
打ち付けるか他の一枚で打ち付けて、
細かくなった「かたやき」をゆっくりお口の中で
溶かして食べるそうですよ。

私も木槌に気づいてからは、木槌で細かくして
説明通り頂きました...。
でも、忍者の方、敵の屋敷に忍んでいたのに
柱の基礎石に打ち付けて...、
その音に気づかれ侵入がバレたのではと
当時の忍者が心配になりました。

2008年3月 7日 (金曜日)

夜勤明けの博多から...。

おはようございます。

先ほど夜勤明けで帰宅しました、ただいまですね。
朝の博多はひんやりして、
身にしみるほどの寒さは無いようですよ。
お昼はどうかな?。
今日はこれから、私の休日になります。
今から家事を行って...お昼寝かなぁ~。
今日も忙しくなりそうです。

お昼過ぎに散歩をかねてお買い物に出てみました。
歩いていると少しポカポカしてきますが、
夕方になるとやはりまだ寒いですね。

では...また。

2008年3月 6日 (木曜日)

夜勤明けの仮眠室から...。

おはようございます、めぐみです。

さっき深夜勤務が終わり、
今、朝食を済ませたところです。

昨夜出勤する時は、博多でも息が白くなるほど
冷え込んでいました。
でも雪はなく交通機関もスムーズに
動いていたので助かりました。
みなさんには、無事に職場へ着いたか
ご心配をおかけしたようですね。
大丈夫でしたよ、雨も雪もなく、
しかし、寒さだけだけか難点でした。

今朝は朝が近くなるごとに、病室も寒さが
厳しくなり、こども達がお布団から
でていないか、寒くないか何度も
確認してまわりました。

一雨毎に暖かくなると言いますが、
まだまだ寒い日が続きますね。
お彼岸過ぎるまでは、雪や寒さが
続くのでしょうか?。
早く暖かくなって、山笠の季節に
なって欲しいですね。

時は経ち今、仮眠から目覚めたところです。
実は、記事を書いている途中で眠ってました。
目覚めすっきりです、良く眠れたのでしょうね!。
これから準夜勤務、またがんばってきます。

2008年3月 5日 (水曜日)

寒さ厳しい博多から...。

こんにちは、みなさん、寒いですね...。
博多は、最高気温9℃、最低気温3℃らしいです。

目覚めた時は雨...。
今日は夜勤入りだし、お天気も悪いので
お部屋で夜勤の食事の準備などしながら
後は安静と決めたのですが...お昼から、
陽差しがお部屋にキラキラ差し込んで、
あぁぁぁ博多の街が..私を..呼んでいる..。
行ってしまいました...お散歩に。

博多の街中のビルやマンションに囲まれている、
綱場町にある小さな天神様「綱敷天満宮」です。
菅原道真が大宰に流され上陸した港に、
出迎えた住民が綱で敷物を作ったそうな。
そこが綱輪天神→綱敷天満宮となり、
天満宮のある町名が綱場(つなば)になったそうです。ひやっっっゃ~...、
寒~い。
お散歩に出てみたら...ちっとも身体は温まらず、
寒さが“し~ん”と身体に感じて...
30分も歩かず帰宅しました。

やっぱり今日は、お部屋で安静が正解でしたね。
これから夜勤の準備をして、仮眠に入ります。
目覚めたら大雪なんてことはないですよね。
どうか今夜は雪にならないように、
お祈りしながらしばし仮眠を取ります。

では、お休みなさい。

2008年3月 4日 (火曜日)

雪が積もる博多から...。

こんばんは、めぐみです。

今日はお昼間の勤務、「日勤」でした。
朝、出勤時、寒さを感じましたがお天気は曇り。
帰宅時間になる頃には、職場付近は大雨となり、
バスが山間部を通る頃には、大雪...積雪でした。
バスは雪を避けるように、ゆっくり徐行運転。
博多に到着すると、今度は大雨でした。
雪景色の福岡をお見せしたかったのですが、
車中から吹雪く様子を見ていたら、
バスの窓を開ける勇気がありませんでした。

こんな寒さの雪の日は、ホッと温かくなるお話を...。
先日、屋台で美味しいコーヒー豆のお店を教えて頂いた
という記事を書きました。
コーヒー大好きな私は、早速、行ってきました。

その珈琲店は、国体道路と西通りの交差するところにありました。
「美美(BIMI)」という珈琲専門店です。
レトロな小さめのドアを開いてお店に入ると、
とっても香ばしい珈琲の香りがお出迎え。
木造のカウンターとテーブルが数席...。

カウンターに座り「吟味」というブレンドをオーダー。
その豆は黒々しとて、つややかでキラキラ光ってました。
マスターが珈琲豆から碾いて、ネルでドリップしてくれます。
カップ、スプーンは、予め湯煎で温められていまいした。
「吟味」は、“珈琲!!を飲んでいる”というはっきりした珈琲らしさと、
ふんわりした感じの後味が残る珈琲でした。

店内は天神の真ん中にありながら都会の喧噪を忘れさせる、
珈琲を楽しむためだけにここがあるみたいな、
静かな静かな時間が流れる雰囲気です。
マスターの語り口調もゆっくり優しく丁寧で、
珈琲を大切にされているお人柄が伺えました。
マスターに好みの味と香りを伝えると、
エチオピア産の「ハラール・モカ」という、
爽やかな甘みの銘柄を選んで下さいました。

カウンターで慣れた手つきで縫い物をされている女性が...、
伺ってみると手縫いされていたものは、珈琲ドリップ用の「ネル」でした。
ネルドリップ方式の珈琲店「美美」、そのネルから手作りです。

そして、美味しい珈琲は、お湯からこだわることが大切のようです。
沸騰したお湯ではどうしても珈琲豆が、お湯と一緒に沸いてしまうから、
少し冷まして落ち着いたお湯でゆっくりドリップすることと教わりました。

購入した「ハラール・モカ」。
自宅で入れてみました...ゴメンなさい、
ネルではなくペーパードリップです。
お部屋の中から爽やかな珈琲の香りが漂い、
飲んだ後にほのかな甘みが残ります...。
小さな幸せを感じる美美な珈琲です。
博多のこだわりの名店を一つ見つけて、ますます博多が好きになりました。

今日は職場で会議、後日開催される研究会での司会進行の打ち合わせ、
上司との突然の面接あり...。
この時期の面接は...苦手です。
博多は寒気で雪ですが、私は低気圧で台風上陸みたいな心境でした。
でも帰宅後、ピースのアルバム聴いて美美の珈琲飲んでいたら、
なんだか“ホッと”して、私らしくお気楽を取り戻しました。

これから雪が積もるのかな~。
明日からは夜勤が始まります。
では、お疲れ様です。

2008年3月 3日 (月曜日)

桃の季節の博多から...。

こんにちは、めぐみです。

                  Dsc00257_3

今日は桃の節句“おひな祭り”です。
私も毎年、おひな様飾ります。
写真のひな飾りは、5年ほど前にデパートで購入しました。
売り場に飾ってある時に、
「カワイイ風呂敷だなぁ~」って思ったんです。
そしたら“壁飾り”だったんですよ。
博多が好きなのに“博多人形”飾らないの?ですか。
この壁飾り、クリーニングに出すだけで直ぐに仕舞えるから。
やっぱりね、仕舞うのに手間ヒマかかると色々と問題でしょ。

私は、初節句の時、誰も居ない隙にひな飾りに登って、
おひな様や三人官女の髪の毛を全部むしり取って
イタズラしていたらしいです。
父によると「おひな様は、仕舞い遅れただけでお嫁に
行くのが遅れるとか言われるのに...
髪をむしって坊主にしたとやろ~...
おまえの場合は、もう、おひな様の祟りやね」ですって。
みなさんは、桃の節句にまつわる思い出話し何かありますか?。
私は毎年、3/3は「タタリ日」です。

福岡では、桃の節句の有名行事として、
太宰府天満宮の“曲水の宴”があります。
毎年、三月の第一日曜日に天満宮で行われます。
公家の衣装や十二単みたいな着物をまとった方が
庭園の小川に杯を流して、その杯が自分の所に流れ着いたら
句を詠むという古式豊かな、福岡に春を告げる行事です。
見学参加に申し込みはなく、当日参加も出来るようです。

ここから 画像がご覧頂けます。PCからのみです、ごめんなさい。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »