« 最後の仮眠室から...。 | トップページ | 帰宅前、夜の博多から...。 »

2008年3月12日 (水曜日)

暖かくなった博多から...。

こんばんは、めぐみです。

今日はですね、博多は陽差しが眩しいくらい
だったのですが...黄砂で霞んでました。
福岡県内陸部は20℃近くまで気温が上昇したようです。
サクラがいきなり咲いてしまうかも知れませんね。

昨日の夜勤が今朝の2時に終わり、
念願の水分補給も叶うことなく2時まで...
看護師3人、走り回っていました...。
医師も居残りしてくれてお手伝い...強制ではありませんよ。
連携です...支えあいです...。

成人の患者さんと違って、言葉で自分のことを表現できない、
自分で自分を守ることができない
小さいお子さんをお預かりするには人手が必要なのです。

どんな処置をするにしろ、処置による危険がないように
確認する看護師と処置を実施する看護師...最低二人は必要。
高度な技術を必要とする処置であれば医師も +α 。

いつも合い言葉は、“支えあい”。

幸い、私の身体が走れるように軽くなっていたので
1時間遅れくらいで、仕事を終えることができました。

でも、さすがに朝は早起きできなかった...、
せっかくの...お休みの時間をもったいない。
それでも、ぐっすりお寝坊したせいで、
今日もお昼間、元気に博多ぶらぶらしてました。

今日は川端商店街で和紙の専門店に入り
和紙のテーブルマットを購入。
明日からは我が家の食卓が料亭のようになるかも。

小さなサクラ柄の色紙も購入。
お店の方から“台紙はいりませんか?”と尋ねられ

“メッセージカードにしますから”と答えると、

お店の方 “メッセージカードですか...、
     そういう使い方もあるんですね、いい話ききました。
     今度、そういう使い方提案しますね”と。

川端商店街の営業に貢献してきました。

そして、キャナルシティ、中洲を通って
きらめき通りまで歩きました。
2kmぐらいあるのかな~?。
でも黄砂がね~、今でも目がしばしばしてます。

天神では、置き時計を探しました。
看護学校で教えて小児病棟に配属された看護師が
結婚するのでお祝いに新婦ご希望の
“和室に似合うシンプルな時計”を探しました。

オニキスの石を土台とした電波時計...
木目のシンプルな置き時計...
有田焼の陶磁器製の置き時計...
ガラスの温・湿度計付き時計...
真珠専門店の真珠がデコレーションしてある時計...

これからは、電波時計が多くなるようですよ。
時計の説明を聞いて、ご本人にもう一度ご希望を
確認してはと言うことになり、今日はみるだけでした。

新婦は教え子でしたが、私が体調を崩したときに
てきぱきと医師に連絡を取り、勤務の状況を調節し、
いつの間にか私の方が看護されてました。

自立した看護師に成長されたのを嬉しく思います。
これからも末永くお幸せにですね~。

今日もぶらぶらという割には、かなり歩きましたね。

明日は遅出勤務、忙しいので明日中に帰宅できるか。

では遅出に備えて、これから安静に入ります。

« 最後の仮眠室から...。 | トップページ | 帰宅前、夜の博多から...。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最後の仮眠室から...。 | トップページ | 帰宅前、夜の博多から...。 »