« 配置転換後から...。 | トップページ | 博多港から...。 »

2008年4月16日 (水曜日)

韓流ブームから...その6。

こんばんは。

今日の博多は、一日中、雨...小雨...でした。
そして、空気がひんやりしていて、夕方は寒くもありましたね。
このまま梅雨...突入でしょうか?。
そんなことはないでしょうけど...。
ぱ~っと晴れた、春の陽差しが欲しいですね。

では、お待たせしました...。
先日、お知らせしました“My韓流”、感動の紅葉シーンをお見せいたしま~す。
こんな、雨模様の春の日に...「感動の紅葉なんて」と、お思いでしょうね。
今でしたら、秋の訪韓の予定に間に合うかな~って思ったり...。

 「昌徳宮(チャンドックン)」...。
過去に韓国の宮殿として約270年間、正宮として使用されました。
正門「敦化門」では、写真の用に伝統衣装を身にまとった男性が、守衛の交代式を再現して見せてくれます。
これは、イギリスの宮殿や台湾でも衛兵の交代として見られる儀式ににていますね。

まず、日本語によるガイドさんの後について「仁政門」をくぐります。

「昌徳宮」は、仁政殿など王朝時代の主要建築物の原型が残されています。
そして、ここもユネスコの世界文化遺産に登録されています。

正門をくぐり、宮内を散策していると赤、黄色に輝く紅葉の絨毯が目に入ります。
この紅葉が敷地内45万平方mに渡り続いています。
紅葉の大自然に包まれているって言う感じでした。

韓国には、多くの世界文化遺産がある中で、どうして「昌徳宮」を選んだのかですか?。
それは...オプションのツアー「世界文化遺産を巡る」を申し込んだときに、
「宗朝」に行きたいので、「宗朝」の観光が入っているオプションを選んだのです。
その「宗朝」の観光が入っているオプションに「昌徳宮」の観光が入っていたんです。

しかも、「昌徳宮」の観光の方が先だったんですよ...。
先に「昌徳宮」を観光して、ソウルの都会にありながらこの紅葉が見られること、
紅葉の見事な色合いにすっかり魅せられて...。
のんびり紅葉を眺めて、すごく良い気分で...秋の気配に浸っていたら...、
先日、お話したように出口の正門で...ガイドさんが仁王立ちだったんです。

ガイドさん、お怒りモードで仁王立ち...。
時間に遅れたのはゴメンなさいだけど...、見事な紅葉ですから...
見とれてしまいますよね。

この見事な紅葉のお陰で、ほんとに行きたかった「宗朝」の観光が端折って20分ぐらいで
終わってしまったわけです。

いかがでしたか...韓国王朝時代の宮殿「昌徳宮」の紅葉シーン。
訪韓の時期は10月中旬、寒くもなく、暑くもなく散策するには程よい気候でした。
九州にも紅葉の観光地はたくさんありますが、韓国、ソウルの都会で王朝気分に浸りながら眺める紅葉も素敵ですよ。

でも、...王妃様達は...、あのカツラかぶって、紅葉眺めていたのかな?。
首、頭...持ち上げて上向いて眺められたのか...疑問ですね。

では、今夜は。

« 配置転換後から...。 | トップページ | 博多港から...。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 配置転換後から...。 | トップページ | 博多港から...。 »