« 韓流ブームから...その3。 | トップページ | 韓流ブームから...その5。 »

2008年4月12日 (土曜日)

韓流ブームから...その4。

こんにちは。

今日の博多は、薄曇り?、やや晴れ?...雨ではありません。

今朝、友人からの電話で目覚めました...。
携帯を取り思わず...“アンニョン ハセョ!”。
友人 “...あぁあぁ...やっぱり...週末はそちらですか?”。
“My韓流”を思い起こしていたので、つい電話まで...、“いえいえ、まだ博多に居ます”と訂正。
友人 “...あぁあぁ...まだ...?。”
...朝からおかしな会話でした...。

今日は、あまりにも韓流ドラマのソウル巡りでばかりでは、ドラマに興味の無い方は楽しみも少ないかと思い...私のお宝画像を少し公開いたします。
これも...全く興味の無い方にはゴメンなさいね。

アジアへ旅をすると、結構、耳にする“変身phot”...。
私の渡韓の目的、その2...“韓国の王妃に変身すること”...でした。
王妃というか...伝統衣装を身にまとってみたかったんです。
王朝時代の女性がどんな衣装で、優雅に暮らしていたのか?実体験したくて。変身...してみました。

渡韓前に、netでスタジオを探し、明洞の口コミで人気のスタジオへ予約を入れておきました。ピックアップでホテルまでお迎えつきも可能ですよ。
前夜は水分控えめ、お肌のお手入れを済ませて、早めに消灯。

撮影は渡韓2日目、まず、スタジオで最初にすることは、できあがりの写真・アルバムの大きさ、装丁を選び、変身するスタイルとその数を選びます。もちろん日本語OKです。
ここまででの過程で、メイクから撮影、アルバム完成までのお値段が決まります。日本円、韓国Wの両方でのお支払いが可能でした。
私の場合...伝統衣装1着2ポーズ、チョゴリ1着2ポーズ、チャイナドレス1着2ポーズ、その他1着2ポーズで180000Wくらいだったかな。

その後、プロのカメラマン、プロのメイク、ヘアーメイクさんにより約1時間半かけて、いよいよ王妃に変身です。
時折メイクさんが“ダイジョウブ...”と声をかけて下さいます。
鏡に映る変身途中の自分が気恥ずかしくて...“ケヶ、ケッ、ケンチャナヨ”状態でした...。メイクさんも、そんな私を見て...時にクスクスと...(笑)。

そして、いよいよ伝統衣装に着替えます。伝統衣装は、脱ぎ着がし易いように重ねてあり、袖を通すだけでワンタッチ完成!!、見ため以上に案外、簡単に着られたのですが、問題は、カツラでした。

ミスドのポンデライオンのようなカツラ、重さ約20kg...。
脳みそもお軽い...せいぜい100g?ぐらいの私にとって、20kgのカツラは頸椎症寸前でした...。

この重さに耐えた、韓国王朝時代の王妃様の美に対する根性...男前の私も負けました...。

20kgのカツラの重さに耐えかねて、ニコやかに笑顔も優雅なそぶりも見せられなかった。そうそう、その時の写真、辛いことがあったときに見るのは“笑えて”、気分転換になります。

« 韓流ブームから...その3。 | トップページ | 韓流ブームから...その5。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓流ブームから...その3。 | トップページ | 韓流ブームから...その5。 »