« どんたく間近の明治通りから...。 | トップページ | どんたくの準備が進む博多から...。 »

2008年4月29日 (火曜日)

博多のおうどんから...。

こんにちは。

今日の博多は、晴れ、時々曇り...窓を開けていても寒くありません。
穏やかな初夏の...陽差し、というにはまだ早い...でしょうか?。
お外の様子としてはそんな感じです。

写真は、昨夜、といっても...。
昨夜、お夕飯の〆に食した「大政の博多うどん」です。
本来「大政の博多うどん」は、温かいおうどんの上に「とろろ昆布」と
シャキシャキの「春菊」が山のようにトッピングされています。
私は、麺を半分にして大きめの「角天」をトッピング。
この大政の博多うどんは人気があり全国の遠方から、このうどんを
食べに来られる方がいらっしゃいます。

「大政の博多うどん」お出汁は、かつお、こんぶ、あごだしなどで、
どちらかというと関西風の「あっさり系」です。
麺は通常の「博多うどん」で、表面はツルンとした舌触りで、
コシのある讃岐うどんや乾麺とは違った、優しい食感の麺です。

博多といえば、〆はやっぱり「博多ラーメン」ですよね。
私は、知らなかったのですが...うどんは博多が発祥の地とか?。
そして、「博多うどん」と言われる博多のうどん麺の舌触り、食感は
「博多」独特の麺の特徴だそうです。
忙しい商売人が急いで食べるために、麺をやわらかく工夫した、
という一節もあるとか。
          

また、関東の方は通常の博多うどんのお店で、トッピングされて
出てくる「丸天」に驚かれるとか...。
みなさん、「ころも」をつけた天ぷらを想像されるようです。
「博多うどん」にトッピングされる「丸天」は、ほとんどがお魚の
すり身で作った練り物です。
「丸天」にも、お店により製法があるようで、薄くてふわふわの丸天、
厚めでしっかりした食感など、お店の特有の「丸天」があります。
その他、トッピングで美味しいものに「ごぼ天」があります。
カリッと天ぷらに揚げた「ごぼうの天ぷら」をトッピングして食べる、
「こぼ天うんど」は博多うどんでも有名です。
博多では博多うどんも、とんこつラーメンと同様、博多の食文化と
食の歴史を支えているようです。

昨日から、お夕飯メニューが続いてますが...、
最近の私の、食生活が...いえ食生活だけでなく、行動のすべてが
みなさんに把握されているようで...。
まぁ~、口数少なく、男前で言葉による表現の苦手な私にとっては、
こんなブログを通してでも私をご理解いただければ...、
それでも...いいな~と、飽きずに書き綴っています。
ブログでの表現も...いまち...ですが...、
ブログが本業ではありませんし...これから経験を積んで学習します。

ただ...、このブログの「ダイエット編」が...、
また、ダイエット前からupしないといけなくなりそうな予感も
してきました。
でも、今はまだ急激には増えていないんですよ...。
それどころか...
ちょっと油断して、休日に食べそびれると、ちゃんと
体組成年齢31歳、体重43kgに戻っていたり42kgに減っていたり...。
不思議な現象ですよね...気づいたら痩せてたなんて!!。
ほんとは、病気?かも...。

でも、元気です。
これから、5月3日、4日は、「博多どんたく港祭り」ですから。
やっぱり...パレード飛び入り参加したいな~!!。

« どんたく間近の明治通りから...。 | トップページ | どんたくの準備が進む博多から...。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« どんたく間近の明治通りから...。 | トップページ | どんたくの準備が進む博多から...。 »