« 福岡から...。 | トップページ | 九重・飯田高原から...その11。 »

2008年5月28日 (水曜日)

九重・飯田高原から...その10。

こんばんは。

九重・飯田高原の旅行記、まだ続いています。
最近では、私の記事よりあの方のコメントを楽しみにしているファンも現れて...、職場ではあの方にお会いしたいという先輩まで...。
あの方に会われたりすると...私の清楚で可憐な職場イメージが!!。
今回、お知らせするのは、別荘へ行く途中に山道を1時間ほど迷ったことをお話しましたよね。
その迷った木立の中から突然、現れた欧風の建物です。
驚きだったんですよ。
だって、森の木立がうっそうと茂る森の中を彷徨っていたら、突如、森が開けてこの欧風煉瓦作りの館が出てきました。
この館が“オーベルジュ”で有名な「BOSCO」でした。

出かける前の計画段階で“お食事をしたいね”って旅仲間さんと話をしていたので、早速、趣のあるエントランスをゆっくり歩いて館の中へ...。
そうすると、直ぐに黒服のイケメンが...登場。
予約もしていないかったのですが、快くコース料理のランチで良ければと、案内して下さいました。

そして、この日のメイン「イベリコ豚のブルーベリーと赤ワイン煮」です。
ブルーベリーの酸味と濃厚なとろみがイベリコ豚を引き立ててました。
他にも、地元のお魚を使ったテリーヌ、ソテー、手作りデザートなど、どれを取っても3800の料金とは思えない、贅沢なコース料理でした。
それと、手作りジンジャエールの辛口というのは是非、お薦めですよ。
飯田高原へお越しの際は、ピリ辛のジンジャエールを、一度ご賞味下さい。

黒服のイケメンの方が、「まだチェックイン前なのでご覧下さい」と客室とお庭を案内して下さいました。
そして、旅仲間さんったら「この辺に湧き水の出るところありませんか?」って確認してたらしいです。
そうしたらBOSCOの方が、地元の方に確認して下さって湧き水の場所を帰り際に伝えに来て下さったんですよ。
旅先でのこの親切がとても嬉しかったですね。

でもこの確認が後で...またまた...
次の記事をお楽しみに!。

*PCの方は右記をクリックして下さい、画像がご覧いただけます。「05.28.doc」をダウンロード

« 福岡から...。 | トップページ | 九重・飯田高原から...その11。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 福岡から...。 | トップページ | 九重・飯田高原から...その11。 »