« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の29件の記事

2008年5月30日 (金曜日)

看護研究委員会から...。

こんばんは。

この記事は私の本業...のことです。
私は普通と思うんですが看護部門で研究好き、といううのはマニア扱いらしいです。

今日は、ランチミーティングでした。
7:1看護になってから多くなったランチミーティング。
お弁当を食べながら...お話合いをしていきます。
議題は今後の看護研究委員会の運営について。
欠席者は、文書で意見を委員長へ届けること、という決まりがあり無断欠席はなしです。
勤務の都合上、出席出来なかった若者二人の意見を委員長が読み上げ、ベテラン師長たちが「この通りよね...若い二人の気づきは鋭くて現状をとらえている」と。

やはり、どこもの部署も同じ...研究は苦手のようです。
真実を科学的手法で見極める...本格的に取り組んでみると、楽しいのにね。
毎年、院内の研究演題も減少傾向...。
研究の質の向上を狙うと、発表演題は減少する...。
質を落とし業務改善レベルをOKとすると、演題は増加...。
では、TQM活動との兼ね合いは...。
若手二人の指摘から委員会活動にも色々と問題点浮上、今後、看護研究委員会としてはこの現状とどのように折り合いをつけて、研究を奨励していくか。

具体策として...。
臨床に貢献できる研究には報償を与える(例えば、好きな学会へ全額、出張扱いで参加できる)など。
研究計画ではなく研究案の初期状態から研究をサポートする。
発表会で研究プロセスのショートレクチャーを行う(誰がするの?)。
など...。
そして、まず、看護研究委員会が研究をしよう!!ということに(誰がするの?)。
超発展的な意見が出された、有意義なランチミーティングでした。

ちなみに大政のお母さんが昨日、お弁当を持たせてくれました。
お野菜と魚介類中心のヘルシーおかず、私の好き嫌いを完璧に覚えて好物ばかりのお弁当を作ってくれます。
難しい内容のミーティングでしたが、お弁当が美味しかったので苦痛なく終了しました。大政のお母さん、またヨロシクお願いしますね~。

2008年5月29日 (木曜日)

九重・飯田高原から...その11。

こんばんは。

いよいよ九重・飯田高原の旅行記、これで最終回になりました。
旅行は一泊二日だったのに、記事は10日間以上続きましたね。長々と...すみません。
最終回の場所は、ここです「あまがたに渓谷」↓。

BOSCOで食事した後に、旅仲間さんが「湧き水」が汲める場所を尋ねていたでしょう。
ここに、無料で汲めるところがあると教えていただいてやって来たわけです。
お土産屋さん兼お食事処になっていて、のどかに「タケノコの乾燥」などもありました。

湧き水が敷地内の水路に流れています。
透明感も高く綺麗なお水ですね。
湧き水汲んでいる方も次々と現れて...。
もちろん、旅仲間さんもポリタンクまで購入して汲みに行ってました。

私は、いつもの通り...お買い物です。
どこでもここでもマイペース...。
持って帰れるかいな~!!、お着替えとかも大きなバッグ一個あるし...。
一抹の不安...持てそうにないかも!!。
でも、こんな弱音を吐くと...また、あの方の「だから持ってこなくて良いっていったでしょ!!」と、ぼやきに近いお怒りが!!。

旅仲間さんの湧き水汲みも終了し、私もお買い物が終わり、さて帰宅の途に。
と、思ったときに私のミネラルウォーターが残り少なくなっていました。
自販機も直ぐ傍にあったので、旅仲間さんへ「ちょっと、お水買ってくるね」と、伝えたところ...「水を買う!!!」と、いきなりビックリした声を!!。
私はそれでも?「水、買うんだけど~」ってな感じでした。
 旅仲間さん「なんで、ここで水を買うの!!。こんなに綺麗な湧き水があるのに。私なんかポリタンク買ってまで水を汲んだのよ!!」と、最後にいつになく長いお言葉を頂戴いたしました。

そっ、そっ、そっお~、ここでは湧き水飲むのね...。
大人になってから生水を飲んだことがない私、職業意識か...お腹でも壊したらと気にして、お水はミネラルウォーター専門でした。
でも、そんなこと通用する相手ではなさそうです。
ペットボトルをよ~く、ものすごくよ~く洗って...、
湧き水を...汲みました。
だって、汲み終わるまで背後で監督されて...背中に熱い視線を感じてね。

湧き水を汲み終わり、ふと横を見てみると大きなカエルが私を見つめていました。
「カエルよお腹がゆるむことなく、無事カエルようにお願い」と、帰路の安全を祈りました。
途中、湧き水をちびちび飲みながら、「うん、大丈夫」とお腹の様子を確認して帰途へ。
飲んでいると、冷たくてすっきり美味しいお水でした。

大吊り橋の歩行、貸別荘での宿泊、オーベルジュでのランチ、湧き水の飲水と、初めてづくしの一泊二日の珍道中記は、これで終了です。
別荘で自分のお家感覚でのんびり過ごせたせいでしょうか?、旅仲間さんの観光のセレクトが良かったのか、はたまた湧き水の効能か?、翌月曜日も全く疲れがなく元気でお仕事できました。
やっぱり、なんて言っても旅仲間さんの繊細な心遣いでしょうね。
私はのびのびでしたが、旅仲間さんは冷や冷やだったかも?私の珍な行動が!!。

あれから、10日間以上経過しましたが、お腹はゆるむことなく絶好調です。
また一緒に湧き水汲みに行こうね、旅仲間さん!!。

*PCの方は右記をクリックして下さい、画像がご覧いただけます。「05.29.doc」をダウンロード

2008年5月28日 (水曜日)

九重・飯田高原から...その10。

こんばんは。

九重・飯田高原の旅行記、まだ続いています。
最近では、私の記事よりあの方のコメントを楽しみにしているファンも現れて...、職場ではあの方にお会いしたいという先輩まで...。
あの方に会われたりすると...私の清楚で可憐な職場イメージが!!。
今回、お知らせするのは、別荘へ行く途中に山道を1時間ほど迷ったことをお話しましたよね。
その迷った木立の中から突然、現れた欧風の建物です。
驚きだったんですよ。
だって、森の木立がうっそうと茂る森の中を彷徨っていたら、突如、森が開けてこの欧風煉瓦作りの館が出てきました。
この館が“オーベルジュ”で有名な「BOSCO」でした。

出かける前の計画段階で“お食事をしたいね”って旅仲間さんと話をしていたので、早速、趣のあるエントランスをゆっくり歩いて館の中へ...。
そうすると、直ぐに黒服のイケメンが...登場。
予約もしていないかったのですが、快くコース料理のランチで良ければと、案内して下さいました。

そして、この日のメイン「イベリコ豚のブルーベリーと赤ワイン煮」です。
ブルーベリーの酸味と濃厚なとろみがイベリコ豚を引き立ててました。
他にも、地元のお魚を使ったテリーヌ、ソテー、手作りデザートなど、どれを取っても3800の料金とは思えない、贅沢なコース料理でした。
それと、手作りジンジャエールの辛口というのは是非、お薦めですよ。
飯田高原へお越しの際は、ピリ辛のジンジャエールを、一度ご賞味下さい。

黒服のイケメンの方が、「まだチェックイン前なのでご覧下さい」と客室とお庭を案内して下さいました。
そして、旅仲間さんったら「この辺に湧き水の出るところありませんか?」って確認してたらしいです。
そうしたらBOSCOの方が、地元の方に確認して下さって湧き水の場所を帰り際に伝えに来て下さったんですよ。
旅先でのこの親切がとても嬉しかったですね。

でもこの確認が後で...またまた...
次の記事をお楽しみに!。

*PCの方は右記をクリックして下さい、画像がご覧いただけます。「05.28.doc」をダウンロード

2008年5月27日 (火曜日)

福岡から...。

こんにちは。

今は、お昼休みです。

今日の博多は晴れ、風はありますが、暑い一日となりましたね。

昨日から上司である室長が、怪しげな事を言い始めました。
室長「朝は何時出勤?」
私「だいたい7時頃ですね」
室長「早いね~、翌日の朝はキツイかも知れないけど、早く施設見学に行きたいので、とりあえず鴨川は日帰りでもいいから今月に行こう!」。

昨日、退勤時も...
 室長「強行な日々が待っているので、早く帰れる時は明るいうちに帰って良いからね」と。
もちろん、明るいうちに帰りましたけどね。
今日、室長は午後からお休み。
帰り際に...
「先方への質問項目しぼりこんでおいてね」と、言い残して帰宅されました。
ホントに日帰り強行するらしい!。
今月ってもしかして、今週、そうかも?。
*PCの方は右記をクリックして下さい、画像がご覧いただけます。「05.27.doc」をダウンロード

2008年5月26日 (月曜日)

いつもの衝動買いから...。

こんばんは。

携帯ラジオとMDを接続するステレオピンタイプのケーブルを買いに行ったのですが品切れで、火曜日に納品だそうです。
帰り際に、携帯コーナーを覗いてみました...。
そろそろブログ更新用に、写真の画素数の高いものが欲しいな~と思っていました。
             
いろいろ説明を聞いていたら...。
やっぱり、御購入...してました。
500万画素だそうです...、ちょっと前のデジカメ並みですよ。

早速、写真を撮ってみました。
福岡公会堂貴賓館です、とりあえず待ち受け用の画像です。
             
テレビは見ないので、ワンセグ機能はありません。
海外で使えるようにと、画素数優先で決めました...。
ホントはケーブル購入のはずだったんですがね...衝動買いです。
良くあります...欲しい物は待てないんですね、考えて購入するより欲しいときに買っておかないと役立たないような気がして...ここでも珍な人ですか?。
     

二年分割支払いを適応しましたので、飽きの来ない「ホワイト」カラーにしておきました、しかも、残り1個だったんです。
きっと二年は使えないでしょうね、飽きてきて...。
また来年の今頃...衝動買いというテーマで記事書いていると思います。

今、帰宅途中のバスの中です。
昨日、衝動買いで購入した携帯からUPしています。

今日の博多は晴れ、お日様ギラギラで暑くて、真夏日のようでした。

ちょっと大げさだったかなぁー!。

それくらい、暑い陽気だったってことです。

今日は、お洋服を仕立ててくれるお友達から、「できたど~」と言う写メが届きました。

そうです、どんたくバーゲンセールで購入し生地のことです。

仕立て屋さん、約三週間で三枚もの細身のアロハを仕立てくれました。

一枚目は先日、九重で着ていた朝顔の浴衣のような柄。

ここでは、ハワイアン風のハイビスカス柄をお見せしますね。

麻布と綿の風合いが、ハワイアンぽさを醸し出していますよね。

仕立て屋さんは「これ着たらウクレレでも弾いて欲しい」と、不可能を承知で呟いてました。

彼女の呟きには、先週で慣れましたけどね!。

では、残る一枚です。朝顔、ハイビスカスときて、こてこての和風を一枚と言うことで着物柄を選びました。

生地でみるより、完成品の方がオシャレで豪華に見えます。

すごいデスね!、細身でねってお願いしたらその通りできちゃうんですから。
「お勉強してるし、商売だから当然でしょ」とか呟いていそうですね、仕立て屋さん!。

何故、細身にこだわるかといいますとデスね、ダイエットでやせたら出来るだけ、身体のラインが見える服を着ないとリバウンドしやすいそうなんです。
だから、市販のより細身に仕立ててもらったわけです。

痩せても、ダイエットは永遠に!です。

早くその二着を着て、お出かけできるようになりたいなぁー。
旅仲間さんに連絡して、次の予定を考えてもらわないとね!?。

*PCの方は右記をクリックして下さい、画像がご覧いただけます。「05.25.doc」をダウンロード
「05.26.doc」をダウンロード

2008年5月25日 (日曜日)

九重・飯田高原から...その9。

こんばんは。

さて、先週の九重・飯田高原への旅紀行、もう2日目に入りました。
まぁ~だ、2日目...ですか?、そんなことは言わずにお付き合い下さい。
まず、朝日に輝く高原の朝の様子をご覧下さい。

私は朝から新緑の高原をお散歩です。
別荘裏手は高い台にある草原のような景色が広がっています。
散策しながらできるなら、もう二、三日、ゆっくりしたい気分でした。

同行人の旅仲間さんは、朝から温泉です。
一人でも温泉へ向かうんですから、よほど温泉がお気に入りなんでしょうね。
おっと、温泉が苦手な私の方が珍でした。
また、旅仲間さんのお叱りを受けるところでした...。

お天気良し!。
空気良し!。
新緑良し!。
陽差し最高に良し!。

...旅人珍?。

朝食後のデザートは、桂茶屋で購入した「豆腐プリン」と「チーズプリン」です。
どちらも素材の味が濃厚で、私はプリンを食べているのか、お豆腐を食べているのか...?でした。

そして、1時間後にはここを出発です。
大都会の便利良さもなく、夜間は中洲のような煌びやかなネオンもありません。
会話ができる近隣の住人もなく、テレビも3つのチャンネルしかはいりません。
なのに、この心地良さなんなんでしょう。
私は完全に都会派人間、だけど名残惜しい気持ちはなに?。
これが自然がなせる技なのでしょうね、高原マジックにかかりました。
また、近いうちにここへのんびりしに来たいですね。

*PCの方は右記をクリックして下さい、画像がご覧いただけます。「05.24.doc」をダウンロード

2008年5月24日 (土曜日)

九重・飯田高原から...その8。

こんにちは。

思い起こせば、先週の今日でした、九重・飯田高原へ出かけたのは...。
まだお知らせ終わらなくて...続けています。
今回は、迷いながら到着した貸別荘での様子とお夕飯。

まず、到着して直ぐに...ブランコです。
どんなタイプのブランコか楽しみにしてました。
小さい頃、家にもブランコがあってよく乗って遊んだ記憶があります。
家のブランコは細い鉄のパイプでできたブランコで、別荘のブランコは木造のブランコでした。
ベンチタイプの座れるブランコは家のブランコと同じ!!。
懐かしくて飛び乗りました...。


旅仲間さんは、荷物をおいて食器などを使えるように準備した後、温泉へ。
私は...ぬるめのお風呂にはゆっくり入ることは可能なんですが、熱いお湯が苦手で...。
まして温泉のお湯の熱さは...お風呂場の熱気だけでも気絶寸前です。
どうやら、九州で生まれ育ちながら温泉が苦手と言うのが、旅仲間さんには理解できないらしく...「ここに来て温泉に入らない人も珍しい」と、珍な人と旅をしたみたいに目を丸くして呟いていました。
温泉に行くとどなたからもそう言われて、もう慣れましたけど...。


夕暮れの別荘の敷地内を散策していると、すずらんが咲いていました。
白くてまぁ~るくて可愛い、すずらん。
近づくとほのかに優しい甘い香りがしてきます。
お隣の別荘の花壇にもすずらんが沢山...。


そして、いよいよお夕飯。
今夜のメインは、ここへ来る途中の「町田バーネット牧場」で買い求めた「豊後牛」です。
まずは、塩こしょうで下ごしらえ。そして、別荘に備え付けのフライパンでお好みの焼き加減に仕上げます。
と、いう感じでメインの豊後牛も焼き上がり...お夕飯です。
今夜のメニューは、里芋の煮付け、フルーツトマトのサラダ、茹でアスパラの付け合わせ、そして、旅仲間さんのお父様が漬けてくれた白菜漬け。
そして、食卓にもすずらん!!。


久しぶりにお家の食卓に、手料理が並んだという感じです。
申し遅れましたがこの手料理は、もちろん旅仲間さんが下ごしらえから、すずらんのレイアウトまで一手に引き受けてくれました。
彼女...自分で「私って、家でもどこに行っても、こうして動いているのよね」とぶつぶつと。
少し楽をさせてあげようと私は気を遣って「アスパラ茹でなくてチンでいいよ」と教えてあげると、「だめよちゃんと茹でないと!!」とまた怒られて...。
旅仲間さん「管理栄養士」さんでした。
私...ですか?、私はメールやブログをチェックしたり、高原に来てまでもデジタル人間してました。


夕食が終わると、前日の歓迎会の寝不足や高原の静けさで一気に睡魔に襲われ、気がつくとうたた寝...気がつくと消灯でした。
これまでの様子には、また旅仲間さんが実況に近いコメントを寄せてくれると思いますので、そちらも参考にされて下さい。
多分、私のブログより彼女のコメントの方が楽しいかも知れません。

翌日の朝からその後の観光はまた後日、お知らせしますね。まだ続くんですよ。
興味ある方は楽しみにして見て下さるでしょうし、「そんなことばかり続けて書かないで他の記事も書けば!!」と思われる方も?。
でも...ここでは、私は、私の思うままに、これからも、私の日常を綴っていきます。
これからもお楽しみに!!。

*PCの方は右記をクリックして下さい、画像がご覧いただけます。「05.24.doc」をダウンロード

2008年5月23日 (金曜日)

九重・飯田高原から...その7。

こんばんは。

今日から週末にかけて、またお天気が崩れるそうです。

そして、北海道では最後のサクラの開花宣言、奄美・沖縄地方では例年から2週間遅れの梅雨入りだそうです。

この話を聞くと、日本は縦長の島国ということがわかりますね。


九重・飯田高原の珍道中ですが、いよいよ初めての宿泊先である貸別荘「地蔵原」に到着。旅仲間さんが見つけてくれた「地蔵原Aタイプ」という飯田高原の貸別荘です。

平然と“到着です”なんて言ってますが、到着までに九酔渓から迷いに迷って約1時間ほどかかったんですよ。

国道40号から右折して、別荘へ入る入り口がわかりにくくて...。

山道をくねくねと...気づいたら「湯坪温泉」でした。

湯坪温泉で地元の方に道順を尋ねたところ「飯田高原!!、戻って、戻って!!」みたいなお返事で...、遠くまできたんだな~と、汗...汗...でしたよ。

迷って「どうしよう...こんな山中で!!」と、焦りもありました...、でも、それ以上に驚くような場所をみつけました。

ご存じですか?、九重の山中に南フランスが???です。

山の木立の中を彷徨ったおかげで、こんな素敵な場所に出逢うこともできました。

地元の方のご協力や旅行会社へ連絡を取り、高原の森の木立に囲まれた別荘になんとかようやく無事到着です。

2008年5月22日 (木曜日)

九重・飯田高原から...その6。

こんばんは。

昨日は、外来の一年分のカルテの収納と交換というイベントに参加して、帰宅したのは21時頃でした。

事務系のこれまで未経験のイベント、参加していくうちに病棟勤務の看護師ではわからなかった、多くの事務系職員が日々の医療行為を支えてくださっていることに気づくようになりました。

さて、九重・飯田高原の旅の続きですが...。

夢大吊橋から国道40号線を少し下って、九酔渓へ向かいました。

眼下に広がる緑の木々は、眩しいくらいです。

言葉もなく見つめていました...これが旅仲間さんが言う「自然と向き合い会話する」ってことなのかな~?。

のぞき込んでいると緑に吸い込まれそうな感覚も...。

きっと詩人や芸術的センスに長けた方なら、素敵な言葉が思いつくのでしょうね。

デジタル人間の私には...、

ただ「凄い」「綺麗」「こんな景色今でもあるの」を繰りかえすばかりでした。


昼食はここ「桂茶屋」...。

大きな水車と“...コン”...。

そして、お姉さん達の狐に見立てたメイクで有名ですよね。

話しかけると語尾に“...コン”って...。

まねして“ありがとポン”とか言ってたら、狐だから「ポンじゃなくてコンだコン!!」と訂正されました。

でも、どう聞いても“ポン”にしか聞こえないんですよね。

地元の高原野菜や山の幸を沢山使ったバイキング料理を二度もお変わりして、久々苦しいほど食べました。

どれも素材の新鮮さが活きていて美味でした。

¥1380円では安すぎると思えるバイキングでしたよ。


そしてお買い物...。

旅仲間さんに激写されていました...私の大好きな旅先でのお買い...。

あれこれ買ってお家で旅の余韻を楽しむのも、旅の思い出の一つですよね。

旅仲間さんは「また~そんなくだらないお買い物して~」と、思いながら激写したのだと思います...。

では、これからいよいよ珍道中で別荘に到着です。

その様子は、また後日...。

2008年5月21日 (水曜日)

九重・飯田高原から...その5。

こんばんは。

寝付けません...何度もすみません。

九重・飯田高原への旅...珍道中記を書いていきます。

小石原の道の駅から、日田市、思い出の明屋書店さんの前を通過し、天瀬から九重方面へ車を走らせました。

と、いっても運転は旅仲間さんです。まるで私が運転しているようだと、後でお叱りのコメントがきそうで...。


夕食の食材を求めに「町田バーネット牧場」に到着。

写真トップは、牧場の「ソフトクリーム」です。

ここの牧場で放し飼いにされている、鶏が生んだ卵を使用したカスタード風味のソフトクリームでした!。

さっぱりしていますが卵の香りがして美味!!。

九重はブルーベリーの産地ですから、ブルーベリーのソフトクリームもあります。

食べたかったのですが...そう、何個も入りませんでしたので、次回の課題にします。



夕食ですが、大分と言えば「豊後牛」ですよね。

焼き肉にするか、ステーキにするか...?。

悩んで、悩んで...私が決めました「ステーキ」です。

「豊後牛を食べた~」っていう、満足感が欲しかったからステーキにしました。



もう何度も登場してますが...。

朝顔アロハ、完成・試着です...仕立屋の友人が作成してくれました。

市販のモノより、細身に作ってあります...痩せたからですよ。

ということは...太れません!!。

あと2枚も凄く楽しみです...。

今度はどこへ着ていこうかな~...海ですよね、次は...?。

九重・飯田高原から...その4。

こんばんは。

なかなか寝付けません...眠れないときは、何をしても眠れません。
ゴロゴロしていても時間がもったいないので...。

こんな時は、何か気分が良いことを...やはり高いところでしょうね~。

 ****** 『天空の散歩道』より *******

 標高:777m 長さ:390m 高さ:173m

 日本一の大吊橋
 *************************************
                

高いところから見下ろすと、こんなに小さい世界の出来事なんだ~と、その時はいつも思いますが...今回は...揺れたんですよ、揺れないはずの大吊橋が!。

ですから...眼下の世界を改めて考えることは不可能でした。

誰に聞いても「あまり揺れないように吊ってあるから大丈夫」と、聞いていました。
ですが、大揺れ...船酔い気分ですよ。

初めはこんな感じで背中目線で気取って渡ってますが...、そのうち...。        

おっと...ゆらゆら...右に左に私も揺れながら歩いています。

背中目線なんて気にしてはいられなくなりました。

揺れないという、あの神話は...私への旅先でのビックリだったんでしょうか?。
        

揺れながら、ようやく中間地点です。

「このプレート写真に撮らなきゃ...こいうのがとても良い記念なのよ...」と言うと、旅仲間さん「......そういうのを撮る人もあんまり居ないでしょ」と、橋の上の揺れも気にせず、ここでも冷静辛口でした。        

眼下に広がる新緑です...。

旅仲間さん「ねぇ~、新緑見てる?、高いとこに満足して写真ばっかり撮って、新緑見てないでしょう?」 

恵「...大丈夫、見てる、見てる、写真で見れる!」

旅仲間さん「...もう!」 

渡り終わって、次の「九酔渓」に行っても、まだ揺れてる感覚が残っていました。
 

私は身長が低いので視線が低くなり、見える部分も低い位置からの周囲です。

ですから高い所に昇るとモノの見え方が変わってきます。

立ち位置を変えるだけで「こんなに見え方が違うんだ~」と、高いところから眺める外界が好きです。

辛口の旅仲間さんは、この後ろ姿が寂しそうと言います。

それは、橋の揺れの性だと思いますが、如何でしょうか?。


まだまだ、あと3~4日間はこの珍道中のup、続きます。

2008年5月20日 (火曜日)

九重・飯田高原から...その3。

こんばんは。

 5/17~18と、新緑と大自然にふれることを目的に九重・飯田高原へ出かけてました。
もう、それはご存じですよね...多分、行く前から「九重」とお気づきの方も。

写真の整理して、日付毎に写真を並べて二日間を思い出して...何からブログに書いていこうかと悩んでいます。
ワタシ的にはいろんなことに驚きの珍道中だったわけですが...、一緒に旅をした旅仲間さんはワタシの反応や行動に驚きが大きかったようで、旅というよりワタシが珍な人だったようです。
だから...、もしかしたらワタシが書く旅行記は、他の方が読むとかなりの珍道中なのかもしれません。

では、そんなワタシのことを「珍な人」と見ている、同行者「旅仲間」さんをご紹介します。
彼女とは幼い頃から家族ぐるみのお付き合いで、姉妹のように育ちました。
ワタシと年齢も近く(と、いっても少しは若いようです)、看護職と自営業という職業の違いはありますが、その他の条件は同じか似ている...という感じです(そこんところは...ご想像にお任せします)。

そうそう、性格はかなり違います。
旅仲間さんはしっかりもので、ワタシ以上に男前で白黒はっきり...しています。
ワタシのことも諭すようにやんわり怒り飛ばします!!。
この旅でも何度、怒られたことか...ワタシ的にはまともな行動だと思うのですが...どうやら、彼女の価値観とはかけ離れているらしいです。

小石原の道の駅でウドを見つけて大喜びの旅仲間さん。
「うわ~あ、恵さん..恵さん、見て、こんなに大きなウドよ...嬉しい!!」と。
確かに立派な葉っぱのついたウドでした...でも、そんなに旅の途中でウドを見つけて喜ぶ方もいないと思いますが...。
葉っぱは天ぷらでも食べられると、道の駅で声をかけられたウドつながりの旅の方と会話してましたね...。
今夜は、そのウドで天ぷらを手料理されているんでしょうか?。
 

男前で自他共に“辛口女王”という通称の旅仲間さんをご紹介しました。
でも、旅仲間さんからの“都会のわさわさしたところでは、これからの自分なんて考えられないから、ちょっと大自然と向き合って答え考えてみなよ”という助言からこの旅は始まりました。
全て計画実行までお世話になった旅仲間さん、ありがとうございました。
ワタシにとっては、自分自身と向き合うどころか、ウドを抱えて喜ぶあたなが珍道中の始まりでした...。

2008年5月19日 (月曜日)

旅行明けのお仕事前に...。

おはようございます。

今の博多は曇りですが、これからは雨だそうです。

しかも大きめの傘が必要なくらい、本格的に強い雨になるらしい...昨日はあんなにいいお天気だったのに。

九重旅行、雨に降られず週末にしておいて良かったです。

今、出勤途中のバスの中にいます。

高速道路を通り、結構長い通勤時間なのですが、on-offを切り変えるにはちょうどいい時間。

先週のキャリア形成支援室の飲み会で、早目に他施設への見学を行うこと。

それと、院内のキャリア支援状況を調査。

この二つの結果を踏まえて、今後の方針を院長へ報告すること、というお達しがありました。

両方、同時進行?。

室長と私の二人だけの職場なのですが?、同時進行では旅行気分の出張にもなれないですね。

パソコン抱えて移動中もお仕事するハメになりそうです。

大自然と会話して、リフレッシュしてきたのでそれくらいは、今週も頑張れそうですかね~。

でも、出張先の決定は、美味しい物が食べられるところを優先しょっと!。

では、行ってきます。

2008年5月18日 (日曜日)

九重・飯田高原から...その2。

おはようございます。

昨夜は旅仲間さんの手料理の豊後牛ステーキを美味しく頂きました。

夜は街灯のあかりもない、人の声もしない森の木立の中で朝までぐっすり。

一夜明けてウグイスの囀りで目覚め、朝を向かえました。

今朝は、高原の木漏れ日の中で朝食です。

本日の予定は、旅仲間さんオススメの新緑スポットに出かけてきます。
こんばんは。

今は、旅仲間さんと別れ、特急ソニックで博多へ向かっています。

九重・飯田高原への旅ですが、大自然に包まれて楽しくのんびり過ごすことができました。

では、これから写真を整理して、この旅行の様子をお知らせしていきますね。

2008年5月17日 (土曜日)

九重・飯田高原から...その1。

おはようございます。

今日の博多は晴れ!、日頃の行いが良いからかしら。

博多駅を8時25分発の特急ソニックに乗りました。

高校生まで八幡西区で過ごした私です。

車窓から少しずつ見える風景が懐かしく思えます。

昨日、いえ、今日の夜中遅く帰宅しましたが、朝は元気に目覚めました。

旅のパワーはすごいです。
二日酔いもありません!。
ソニックは青春時代を過ごした折尾に到着です。

懐かしい~!、あのとろけるスープのちゃんぽん屋さんまだあるかな?。

これから旅仲間さんと9時に待ち合わせ。

では、行ってきます。
こんにちは。

「夢」大吊橋に到着です。
揺れたんですよ、風が強くて!。

新緑と滝を眺めながら、おっと!ゆらゆら!、またまた、ゆらゆら!。

往復渡り終わった時、まだしばらく身体が揺れてました。

揺れはありましたが、あの高さから見る新緑と、緑の香りは新鮮でした。
九重から飯田高原の貸し別荘に到着しました。

リビングとキッチン、二階はハイジが出てきそうな屋根裏部屋があります。

調理器具やテレビ、ソファー、日常生活に必要な物品も全て揃っています。

そして、旅仲間さんがキッチンで、夕飯の準備をしてくれてます。

私が何かお料理に口を出すと「レンジでチンとは違うの!」と、厳しいつぶやきが返ってきます。

ですから、キッチンに入るとオジヤマなようで、私は旅仲間さんが入れてくれたお茶を飲みながら、ソファーでくつろいでいます。

二軒先には、共同の露天風呂もあり、初めて貸し別荘に宿泊しますがのんびり、くつろげそうです。

専属の料理長も居ますからね!。
私も本人も忘れてましたが、旅仲間さん、本業は管理栄養士だったんですよ。

さて、夕飯までお庭で遊ぼうっと!。
こんばんは。

貸し別荘のお庭にいます。
お庭にはすずらん、つつじ、チューリップなどのお花が手入れされてて、可愛いお庭です。

ブランコありましたよ。
こどもの頃に自宅にあったタイプと同じブランコです。

お子さんなら、二人はゆっくり並んで乗れそうなブランコ。

のんびりブランコに乗ってたら、でっかい蜂がやってきました。蜂は、周囲の別荘の花に群がっています。
刺されないうちに、お部屋へ戻ります。

2008年5月16日 (金曜日)

CD室から...?。

こんばんは。


以前から、職場の知人や看護師の中から「キャリアなんとか...?」って

「キャリアってなに」などと...、

私の職場はわかりにくいらしいです。


まぁ~、私でさえ...まだ間違うので他人がわからないのも仕方がない。

そこで、昨日、朝、一番に室長に「略称や通称を考えませんか」と提案。

室長もこの職場の名称には違和感があったらしい。


室長としては「形成」は、過去の延長みたいで...これからが読めない。

「デザイン」にすると、これからを描いていける...ということで、仮称の更に仮称「キャリア・デザイン支援」ということに。

略称は「CD」となり室長は「コンパクトディスク室」、

私は「キャッシュコーナー?」な~んてね。

レポートも終わり、当院のキャリアに関する調査のための質問紙も完成し、これからヒヤリングを含めて調査開始。

そして、キャリア支援をしている施設見学へと、CD室のお仕事も徐々に忙しくなってきました。

日付が変わり、今日は、キャリア形成支援室設立準備室の設立記念イベント。

人事課長と室長と私の3人で設立記念の飲み会です。

どんな宴会になるのか...初めてです、事務系の宴会参加...?。

和歌山の思い出から...。

こんばんは。

今日の博多は、晴れ。やや涼しい風はありますが、そんなに寒くもなく穏やかな一日でした。

突然ですが...。

昨年、学会参加のために和歌山市に行きました。

学会会場で販売されていた、完熟南高梅「しらら」。

塩分約5%で塩辛くなく、ふっくらした大きめの梅の実で美味だったんです。

「しらら」...。

お土産に自分用にと沢山買い込んで来ましたが、それも先月で食べ終わり.....。

どうしよう?って、思っていたら、今日の新聞の一面にお取り寄せの広告を見つけました。

「しらら」見つけて大喜びやった~!、早速、注文、注文。

和歌山といえば...、

写真「和歌山ラーメン」です。

和歌山の食べ歩きマップによると、和歌山ラーメンは3タイプあるそうです。

 タイプ1:醤油系 和歌山市内の屋台が発祥。見た目は濃いスープの色ですが味はあっさりしているそうです。

 タイプ2:豚骨醤油系 コクのあるまろやかな豚骨スープ。全国で「和歌山ラーメン」といえば、このタイプです。

 タイプ3:1でも2でもない、新しいタイプのラーメンのこと。

そして、私たちが食べたのは、タイプ2でした。

麺はどのタイプもストレート、薬味はチャーシュー、なると、ネギ、メンマ。

くせになりそうなくらい、あっさりした豚骨でおかわりしたいくらいの美味しさでした。

テーブルには、鯖のお寿司、茹でたまご等が盛られていて、自由に食べてOK。

もちろん無料ではありませんよ。

帰り際に、自己申告するんです...ラーメンとお寿司とゆで卵...みたいに自分で食べたものをレジで申告してお金をお支払いします。

美味しといわれる、和歌山ラーメン屋さんまでタクシーで食べにいきました。

二日間で2杯...もっと食べたかったな~。

観光もまたしたいので、和歌山ラーメン食べにいくのも良いですね。

2008年5月14日 (水曜日)

博多屋台から...。

こんばんは。

今日の博多は、晴れやや曇りです。風が涼しく感じます。

今、屋台です、大政にいます。

今日のメインは大好物の鯨。

お客さんの中には「小学校の給食みたいね」と懐かしく、私のお皿を覗かれる方もいます。

そして、海老が大好物だと言うお客さんが二人みえてて、屋台のお客さんから「えび」ちゃん「A」「B」と...。

今夜も大政は賑やかです。

2008年5月12日 (月曜日)

友人から...。

こんばんは。

今日の博多は、晴れのち曇りの天気です。

お昼はお日様ぎらぎらでしたが、夕方は今にも雨になりそうなお天気になりました。

不安定なお天気です、みなさん、体調管理に注意しましょうね。

ところで、どんたくバーゲンセールで購入した生地たち。

朝顔柄の生地が型紙から...。

ボタンも選んで...。

朝顔柄の生地は、裁断されて...。

高級仕立ての折り返しの襟やパーツを作って頂き...。

今日「はいできあがり」というメールと一緒に写メが送られてきました。

朝顔アロハの完成です。

ちょうど一週間で私の想像したとおり、やや細身のアロハが完成!!。

週末の旅行の時に着る予定です...。

思い通りのデザインに作ってくれた友人に感謝...ありがとうです。

そして、あと二枚も楽しみにしています...。

2008年5月11日 (日曜日)

南の街から...。

こんにちは。

朝、目覚めたらやはり腱鞘炎?かな...痛いんです。

右手の橈骨側が...。

昨夜の夕食、もんじゃ焼きだったんです、博多で食べる明太子トッピングのもんじゃも美味です。

関東在住だった私と友人...久々のもんじゃ焼きにウキウキです。
鉄板のお焦げを削りながら「これよね...このお焦げ!」なんて言いながら、美味しく食しておりました。

斜め前の少年達は、鉄板が黒こげに...。
もんじゃのお作法は、九州人にはわかりにくいかな~、そのちょっと前のお焦げが美味しいのに、もったいないな~。

私たちは周囲がお焦げになってきたらヘラで鉄板にこすりつけるように焼いて、上手に焦げを残すことなく頂きました。

それも30分ぐらい経過すると...、
「このヘラで食べるのも力いるね、腱鞘炎になりそう?」とかも話題に???。

やっぱり的中...です、
この右手の関節、橈骨側から前腕にかけて、筋肉痛のような健が引きつれるような痛み、久々に楽しんだもんじゃの後遺症でしょうか?。

これからはこうならないように、毎日、もんじゃして鍛えないといけないですね。

あまりにお日様がギラギラしているので、お出かけを躊躇しています。

紫外線が...加齢(華麗ともいう)なるお肌を直撃しそうで怖いです...。

ですから、今日はお家でお料理に挑戦してみます。

南の町から今日届いたパパイヤです...お友達から教わった通りに酢のもにしようと思います。

その過程は、また、後ほどお知らせします...ちゃんとできたらですけどね。
お日様も夕日かわってきましたね。

完成しましたよ、パパイヤ料理...それも各種できました。

完成までの過程をお知らせします。

まず、切ってみました。皮が固いかと思い少しずつ切っていきましたが、全く固くなくす~っと包丁が入りました。

お友達から真ん中から輪切りにしたほうが、食べるときに噛みやすいと言われていたのを忘れて...縦に包丁を入れて...あぁぁぁ...。
次に、千切りです。包丁で、根気よくやりました...調理用の文明の利器は我が家にはなく...久しぶりに包丁が活躍しました。大小様々な千切りになりました、ホントに噛めるかな~?。
塩でよくもんで水にさらし、その後、よ~く水切りをした状態です。

これでパパイヤの下ごしらえは完成です。

大丈夫です、シャキシャキ感を残しつつちゃんと噛めますよ。

千切りは大成功のようです、良かった!!。

ここで味付けです...登場しました「べんりで酢」。
これ、このまま和えるだけで酢の物完成という便利な酢です。やや甘めの三杯酢ってところです。
 
パパイヤ沢山だったので、いくつか味を変えて和えてみました。

まず、写真トップはもずくの酢の物と和えてみました。もずくのとろりとした感じとパパイヤのシャキシャキ感がいいですね。                

次は、紀州の梅肉と和えてみました。

刺身こんにゃくとからし酢味噌で和えてみました。からし酢味噌、こんにゃくとの合性もピッタリで美味です。おつまみには最高でしょうね。
              
四種類のパパイヤの和え物料理を作ってみました。
どれも合性は良いですね、パパイヤ自体が癖がなく香りも強くないので、どんな和え物にしても美味しく頂けると思います。

すり胡麻と和えたものに沖縄の島唐辛子を数滴落として食べてみましたが、それも美味しかったですよ。梅肉和えは、明日のお弁当のおかずにします。

では、今夜はパパイヤの和え物をおつまみに..黒糖でできた焼酎を頂きます。
そうそう、パパイヤを塩もみしてて気づいたのですが、手がつるつるすべすべになるんですよ。
このパパイヤの皮、干してお風呂に入れてみたらどうでしょう?。
加齢なるお肌が、華麗なるお肌に蘇るでしょうか...?。
無駄でしょうね...余談でした。

そして、おやつの数々も、南の街の風を感じるものばかり...、
どれも懐かしくて...沖縄へ飛んで行きたいですね。
この休日..気分は南国です...。

2008年5月 9日 (金曜日)

看護学実習から...。

こんばんは。

今週から看護学生が基礎看護技術を学ぶため、病院へ実習に来ています。

昨日は、午前中、看護学生と一緒に患者さんの清拭を実施しました。

看護師長から「まだ一年生と思って指導してね...」との忠告。

実施中も一つの行為に対して、全てに声かけがいる実習でした。

終了後、担当教員が「どうでしたか?清拭できてますか?」と私に。

「一つ一つの行為が、患者さんのどんな反応につながるか考えて清拭できるようになると良いし、時間も短縮するでしょうね」と教員へ伝えました。

学生も傍で聴いていたので、今後、実習のモチベーションを下げないために、何か誉め言葉を...、やたらに誉めるとそれでOKと思い、それ以上、技術が伸びません。

「清拭、3回目なのに完璧な準備が出来たね」と、必要物品などが手抜かりなく揃っていたことを誉めました。

すると教員の前で硬い表情だった学生から安堵?、そんな優しい表情のニコ~ッとした笑顔が見られました。

自然に出た表情でしょうけどこの笑顔が清拭を実施しながら、患者さんの前でも自然に表出できるようになると良いですね。

帰宅後も学生さんの笑顔を思い出しながら、私にもそんな時期があった?...でしょうね。

「キャリア形成」の宿題に取り組んでいますが、「形成」を考えるには過去を振り返り過去と現在の継続の中で、仕事人生の目標を定める必要があるらしいですよ。

学生指導にキャリア形成に...仕事人生、考えることは多々ありますね。

学生が私のように経験を重ねて戸惑いを感じることなく仕事人生を全うできる、そのためにどんな指導法がこの学生に適切なのか考えながら今日も接していこうと思います。

では、今夜は...。

2008年5月 8日 (木曜日)

新人ですから...。

こんばんは。

今夜の博多は、夜になってもそんなに冷え込みませんね。

歩いて身体がほてってくると、少しひんやりした風が気持ちよく感じます。

昨夜は、いつもの屋台「大政」さんでしっかりおやつと夕飯、そして、今日のお弁当まで作って頂いて帰宅しました。

お昼のお弁当まで準備完了!!ですから、もしかして...もう何しなくてもよい?。

好きな音楽を聴いて好きな本を読んで...後は消灯!!...。

もしかしたら...早々と消灯が可能かも...嘘みたいなホントの今の時間です。

たまには、こんな平日もいいかもしれませんね。それとも、これから...ずっとでしょうか...?。

でも宿題が...、いまさら小学生みたいですが...なんせ、事務職では新人ですから学習しなくては。

2008年5月 7日 (水曜日)

GWが明けてから...。

おはようございます。

GW4連休、最終日の夜まで楽しく過ごし、充実した休暇でした。

そして、これからはお仕事モードです。

ただ今、出勤途中のバスの中。

キャリア形成支援室設立準備室での勤務も、今週で2週目に入ります。

今週から院内の教育やキャリアアップの現状を調査する予定。

調査、分析と言うコツコツとやる作業は嫌いではないので、どんなキャリアアップの現状が明らかになるか結果を早く確認したいところです。

では、行ってきます。

2008年5月 6日 (火曜日)

型紙から...。

こんにちは。

ほんとに良いお天気ですね...、お散歩の時の陽差しを気にする季節になりました...。

別に、気にする年でもないかなぁ~?。

先日、友人と一緒に「どんたくバーゲンセール」で購入した生地。

お仕立てをお願いしていたら、早速、型紙が届きました。

この型紙から、あの三枚の生地がお洋服になるんですね...。

身の回りのことが自分で満足にできない私にとって、食材や衣類、こと衣食住に関わることが自分でできる方は羨ましく思えます。

少し前までは「今、着たいからすぐ手に入るもを着る」でした。

今は、既製品では見ることのない製作過程とその時間をかけてできあがりを楽しむ、そんな風に思えるようになりました。

.....これは...年を重ねた証拠かなぁ?。

これからどんな過程を経て仕立て上がっていくのか楽しみですね。

2008年5月 5日 (月曜日)

博多どんたく港祭りから...フィナーレ編。

こんにちは。

今年も盛大で感動の「博多どんたく港祭り」でしたね。

集客数220万人、昨年より10万人多かったそうですよ。

私とお友達の今年の「どんたくのお宝」は、トップの写真にある「榊」を頂いたこと。

どんたく広場を歩いていたら、稚児行列の羽織袴と裃を着けた男性が「はい、これどうぞう」「これも、どうぞう」って、護国神社、鯉のぼり、小判の飾ってある榊を手渡して下さいました。

鯉のぼり...これから昇っていくようにってことかしら...。

小判.....これから何かお金にまつわる運気が巡ってくるのかしら...。

実は、どんたく一日目「松囃子どんたく隊」のパレードの時に「くださ~い」って沿道の観客の方が声をかけて、頂いていた方が沢山、気弱な私はその声が出せずに...。

でも、最終日に縁起物のお宝を頂き、私もお友達も「嬉しいね~」「どんたく来て良かったね」とニコニコでした。
お友達「博多に...住みたくなるね!!」とまで...良いことですね。

お宝も頂き「博多手一本」でどんたく感動のフィナーレを迎え、私達のどんたくの打ちあげは地元博多のスペイン料理店へ...。
博多どんたくの感動とスペインの情熱をかけて?このお店を選びました。

エビの土鍋焼き、魚介のマリネ、ガスパッチョ、スペイン風オムレツなどなどを食しながら、やや辛口のシェリー酒を頂きしばらくあれこれと「どんたく談義」です。

とても美味しかったのは、トマトのスペイン風パン...。
刻んだトマトとオリーブオイル、ビネガーなどのソースがフランスパンの上にトッピング、更に岩塩とブラックペッパーがかけてあります。
トマトの酸味と岩塩の塩味、ピリッと利いたペッパーのお陰でシェリー酒がすすみました...、もちろん友人は女性ですよ!?。

ぼちぼち歩いてどんたく見物、感動して笑いあり涙あり、そして、食べてはおしゃべり...。
そんな私らしい今年の「博多どんたく港祭り」でした。

2008年5月 4日 (日曜日)

博多どんたく港祭りから...2日目。

こんばんは。

どんたく2日目、楽しく総おどりまで参加して、また来年へ...。

今年も、どんたくの恩恵に与ってきました。

それは、どんたくの時に各商店で行われる「どんたくセール」です!!。

私はお洋服の縫製をお仕事にしている友人に、川端の生地屋さんで夏物の生地を3枚選んでもらいました。

一枚は、麻生地のハイビスカス柄。

二枚目は、綿生地の紺と水色の朝顔の浴衣柄。

三枚目は、ちりめんのような風合いの和柄。

三枚で二割引き...ブラウス一枚分ぐらいのお値段でした。

さて...この三枚、どんなお洋服に仕立て上がるのか今から楽しみです。

今日は、「沖縄どんたく隊」「どんたく総おどり」まで時間があったので、どんたく広場を見物しながら、西通り、大名へぶらぶらと...。

川端、天神ほど人通りは少なく、原宿を思わせるようなおしゃれな通りもできていて、あかぬけた雰囲気を感じました。

2008年5月 3日 (土曜日)

どんたくのミッキーから...。

こんにちは。
待ちに待った「どんたく」、そして、ディズニー25周年記念パレード。
エレクトリカルパレードまでいかなくても、その気分は味わえるものと...、
すごく楽しみにしていました。
...ですが......。

警備が、まるで、聖火リレーのような警備で、少し、パレードも早足で
ゆっくりは見物できなくて...残念...。
ミニーはこっちを向いてくれないし...、
ミスバーニーはやっぱり...いません、とても、残念でした。


まず、ディズニー隊の先導車。
かすかに見えるミニーちゃんと大きく見える赤Tシャツの警備員さん。
ディズニークルーザーと警備の方々と関係者の方々。
西鉄の花自動車、警備...少ないです。
でも、実際、ディズニーのパレードが始まると、
みなさん一斉に立ち上がって乗り出して...、
お父さんお子さんを肩車したり...。
主催者の方も、こんな観客の様子を想像されて安全第一の警備をされたんでしょうね。

ディズニーどんたく隊を楽しみにしておられた...みなさん...、
こんな記事でゴメンなさい...ね。
*PCの方は画像がご覧いただけます。→「05.03 M.doc」をダウンロード

博多どんたく港祭りから...。

こんばんは。

感動のどんたく隊でしたね。

三年前、福岡西方沖地震で被害に遭われた玄界島のみなさんが、大漁旗を掲げて「復興しました」のパレードでした。

みなさんお元気そうで明るい様子でした。

パレードの様子を見ていて、ここまでのご苦労を思うと涙でウルウルしてしまいました...。

2008年5月 2日 (金曜日)

朝の博多から...。

おはようございます。

今朝、AM3時頃、博多で発砲事件が起こったそうです。

負傷された方もいらっしゃるようで、状態が心配です。

犯人は未だ逃走中と言うのも、かなり不安ですね。

そして、今日も朝がやって来ました。

今朝の博多は、暖かい日差しの晴天です。

いろいろと考えることはありますが、朝は毎日やってきます。

幸い、夜勤がなく規則正しい生活のためか、体調は良好です。

と、言うことで、今は出勤途中のバスの中、目の前の座席は、VIPです。

もう、お仕事されています、見習わないとね!。

写真は、昨年の今日、撮影した、どんたくの花自動車です。

今日も夕方から、どんたく前夜祭でパレードします。
明日は、PM13時頃に、ディズニーランドのバスもパレードするそうです。

なにをさておいても、まず今日から3日間は、どんたくを楽しみます。

どうか、早く帰って来れますように。
お祭りの神様にお祈りしますです。

では、また夜に花自動車UPしますね。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »