« 大博通りから...。 | トップページ | 帰宅途中のバスの中から...。 »

2008年6月 9日 (月曜日)

厚労省外郭団体への出張から...。

こんばんは、めぐみです。

睡魔に襲われる前に、先週、初めての出張で学んだことを...。

まず、突然、告げられました。

朝、朝礼の前に室長から「15時に先方とアポとってあるから!」と。

急遽決まったらしいです。

ただ...スーツもどきの服装で出勤して良かった!、これが週の半ばだったら私はジーンズ姿で出勤していたかも知れません。

こんなことが度々あると...置き傘ならぬ...、“置きスーツ”が必要ですね。

         5

訪問した先は、福岡市内にある厚労省関係の団体。

キャリア支援に関する具体的手順などのアドバイスを、人材コンサルタントの講師の方に伺いに...。

「キャリア支援設立の具体例となる施設は?」と質問しましたら...。

どこも前向きな回答をいただいていなので、講習会などで名刺交換した際に、実際にお話を伺うことが最良の方法とのこと。

それより...、

まず、トップダウンでキャリア支援を考えるより、その施設で言うところの“キャリアとは”を明確にすること。

そして、多くの職種からキャリア支援へ賛同していただけるように、支援を受ける方々の理解を求めることが重要と。

また、当院のキャリア支援専門部署の設立が軌道にのると、おそらく珍しいケースになるのでその団体でもバックアップさせて下さいとも言って下さいました。

と、いうことは...身近に前例が少ない...。

確かに、日本全国、netで探しましたが実際に問い合わせてみると、実態が...?。

病院でも大手企業でも少ない...。

関連する文献や情報検索で“キャリア”ということが朧気に理解でき、支援室設立の青写真が描けていたのですが...、力が抜けました。

「前例がないから大変!」と思うか、前例の無いことだから「早く、業界の中で、今、取り組むべき!」と考え行動するか、どちらかで心理的負担が変わってきますね。

私は何をするべきか...。

小児看護のキャリアがこの業務にどんな風に役立つのでしょう?。

今週も、活気ある週になるのでしょうか、日帰り出張、いよいよかな...。

では、また...。

         4

« 大博通りから...。 | トップページ | 帰宅途中のバスの中から...。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大博通りから...。 | トップページ | 帰宅途中のバスの中から...。 »