« 今夜のかなりショックな出来事から...。 | トップページ | とても嬉しいお昼から...。 »

2008年7月 3日 (木曜日)

“ふがいない”という呟きから...。

おはようございます、めぐみです。

昨日の午後、室長からの宿題に飽きて...気分転換していたら、

新人さんが厳しく、辛い表情をしていました。

めぐみ「どうしたの?」と、声をかけると、

新人さん「...ふがいないだけです...。」と、

目尻をつかんでチ~ンdownとしてしまいました。

新人さんですよ...大学卒業後数ヶ月...。

“ま~た、やっちゃって!!”だとか

“いっぱい、いっぱいで!!”

“舞い上がっちゃいました~!!”。

言語的反応としては、この程度と思うのですが...。

「ふがいない」...。

広辞苑第五版2310頁によると、「いくじがない、気概・気力に欠けている」。

入職時から、約3ヶ月、頑張るだけ頑張って気力が落ちてきているんでしょう。

私もここ3ヶ月いろんなことがありましたから、その気持ち分かりますよ。

でも、良い事だと思います。

「ふがいない」...自分を見つめてる証拠でしょう?。

最近では失敗や不注意を、外的要因、環境など、自分以外のモノに原因を求める傾向にあります。

珍しく...、自分の内的要因へ帰結した新人さんを前に...、

どんな言葉をかけて良いのか...?。

言葉より...、

何かホットするものを...、

周囲をさがして...渡しました。

これも、キャリアデザインサポートの一環!!

やっぱり...

私の方が「ふがいない」...ですかね。

   Pon

今朝の朝食、なんと!!、一箱に一頭分4足?入っています。

「黒豚の足跡」...↓です。

鹿児島のお土産なんです。

しっとりした生地に程よい甘さの「紫イモあんこ」が美味。

一足?かわいそうに...と、思いつつ美味しく頂きました。

   Tonnsoku

« 今夜のかなりショックな出来事から...。 | トップページ | とても嬉しいお昼から...。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今夜のかなりショックな出来事から...。 | トップページ | とても嬉しいお昼から...。 »