« 太宰府名物から...。 | トップページ | 連休中日の朝から...。 »

2008年9月14日 (日曜日)

“放生会”から...。

真夜中に...すみません、めぐみです。

一昨日、訪れた筥崎宮の“放生会”の様子です。

筥崎宮の放生会だけ“ほうじょうや”っていうらしいですよ。全国的には“ほうじょうえ”と呼び、動物や生き物の霊を慰めるお祭り。

「夜」と書いていたら先輩から「会でしょう」、「筥」も出ないので「箱崎」と書いていたら、先輩、漢字を調べてくれて...。先輩意識なのか面倒見が良いのか...or繊細?。

当日、博多は、夕方から雨になりましたが、傘を差すほどの雨ではなかったので助かりました。

呉服町からタクシーで三号線沿いを箱崎へ向かい、参道入り口付近でタクシーを降り、境内へ続く約1kmの参道をボチボチ歩きました。

若い青少年から高齢の方まで、たくさんの見物客です。人で蒸しているみたいな感じ...、筥崎宮の“放生会”、例年、30万人の見物客だそうです。

Sandou

参道沿いは出店がたくさんです。

以前とは出店の内容も様変わりしており、トロピカルなジェラート、レインボーカラーの綿菓子、金魚すくいならぬ亀すくいなど、初めて見る出店もありました。

放生会ならでは、昔ながらの生姜、ビードロ、おはじきの出店も、もちろんありましたよ。

なんと言っても、放生会と言えば、やっぱり“お化け屋敷”ですよね。

500円の入場料で、浴衣を着てかぶり物をした人間が数人、突然、出没します。

Obake

入場した友人と3人で人目もはばからず...年甲斐もなく...奇声です...。

昔から、そういう仕掛けと分かっていても、いざ、お化け人間が現れると、“きゃ~”って大声上げてました。

沿道から脇道へ入った所の出店です。

なんだか、「三丁目の夕日」っぽい様子でしょう。未だにあるんですね、この的を倒して景品を頂く出店が...。

ここの出店を訪れる年齢層、灯りの様子といい、どことなく懐かしい雰囲気が漂う出店の並びでした。

3tyume

山門、大鳥居?をくぐり、お参りです。

祈願しています...

まず、一番は...必勝当選...。

もちろん...、ブラックモンブラン90点のことですよ。

Keidai

次に...

関わる全ての方々の

健康、

病気平癒、

家内安全...、

それに...商売...まずまず。

最後に...一応...、開運。

Inori

ここでも、男前でギャンブラーな性格が...

「鳩みくじ」引いています。

ハワイ旅行も景品に...

日頃の運の悪さ...

ここで挽回なるか。

Mikuji1

ハワイ旅行ならず...。

開運のお箸が...当たりました。

でも、このお箸で、ご飯食べると、これから良いこともあるでしょう♪

おみくじは「半吉」...?中吉、小吉でもなく、吉でもありません。

吉と小吉の間...かもと、友人A。

やはり、何しても複雑な運勢です...。

               Mikuji2

この四方を1mの高さの杭で覆われた場所にある、

土から浮き出た敷き石を触れると運が良くなるらしいです。

身長150cmのめぐみさんにとって、触るか頭から石に直撃するかの瀬戸際...。

なんとか...腱鞘炎の右手が届き、触れることができました。

囲いの杭はお腹にくい込んで...、そのまま勢いが付くと頭部外傷?。

なんだか、命がけの運試しでした...。 

届いて、触れられたから、少しは開運なるかも、

早速、今日は買ってきて試してみましょう。   

      Isi 

帰りは...参道を下りながら、なんとなく似ているなぁ~と、

ここは...段葛...?

そんなストリートビューを...、想い起こしながらの帰宅でした。

Isi1

« 太宰府名物から...。 | トップページ | 連休中日の朝から...。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 太宰府名物から...。 | トップページ | 連休中日の朝から...。 »