« そろそろ博多から...。 | トップページ | 今日の「ナビスコ・カップ」から...。 »

2008年11月 1日 (土曜日)

太宰府天満宮から...。

おはようございます、めぐみです。

昨夜は、今日の講義の準備も十分しないまま、早々と消灯でした。これを機会に、早寝早起きの習慣をリハビリできるといいのですが...。

きっと、慣れない言語の世界にカラダも疲れていたのでしょうね...しかも、お城と神社という歴史的な場所を英訳でご案内することの困難さ!!痛感です。

これからでも、菅原道真公に祈願して、再度、歴史の学べる外国語関連の大学にでも合格させていただきたいと思いました。

はい、と言うことで...昨日、訪れた太宰府天満宮です。

太宰府天満宮...70年代フォークをこよなく愛するmegにとって、やはりこの曲からスタートです。

  

そうです...、さだまさしさんの「飛梅」です。聞いていると、太宰府天満宮を訪れたお二人の情景が目に浮かびますよね。

さださんは、太宰府伝説、心字池の三つの橋の渡り方...全て、ご存じで作詞されたのでしょう~。詩のいたるとろこに平安の夜に、飛んできた梅の美しさを感じます。

 Dazaifu1

太宰府天満宮の参道です...世界経済の影響?。

海外からのお客様は少なめで、いつもの大賑わいの参道と違ってひっそりしてました。

     Dazaifu

道真公が読んだ...

「東風吹かば 匂いおこせよ梅の花 主なしとて 春なわすれそ」の有名な歌碑です。

後ろ髪を引かれながら...こんな句を残されると、梅の花も一夜で飛んで行きたくなりますよね...。

Dazaifu3

今日から、太宰府天満宮は「菊」のお祭りが始まりです。

豪華な...菊とは思えないような大輪の、手入れをされた菊の数々、展示準備が進んでいましたよ。

Dazaifu2

この橋が、「飛梅」の冒頭に歌われてる心字池に架かる三つの赤い橋です。

三つの赤い橋は、仏教でいう「三世」...「過去」「現在」「未来」を表すとのこと。

ですから...

一つめの橋「過去」...振り向いてはいけない

二つめの橋「現在」...立ち止まってはいけない

三つめの橋「未来」...つまずいてはいけない

昨日は、ご案内したお客様も一緒に、胸を張ってただ前を見つめて渡りきってきました。

今年も、残すところ2ヶ月ですからね...振り返らず歩いていけるように。

渡りきるのに夢中で、会話もなく...

あまりの真面目さに、渡りきって爆笑でしたけどね...。

Dazaifu4

これが、一夜にして京都から飛んできた「飛梅」です。

毎年、福岡で一番最初に花が付く梅なので、梅の開花はこの「飛梅」が標準のようです。

では...、梅ヶ枝餅、曲水の宴、熊本城はまた、後日、お知らせいたします。

これから、午前中はお仕事に行ってきま~す。

ほんと、三連休の方が羨ましい...でも、午後から、megもとっても楽しみなことがあるんです。

実は...

あっ!!、

道真公の前で言っちゃいけなかった...内緒、内緒...。

では、また、後ほど...♪

Dazaifu5

 

« そろそろ博多から...。 | トップページ | 今日の「ナビスコ・カップ」から...。 »

コメント

大役、お疲れ様でした~。
日本にはまだまだ見たことのない場所が数多いことを実感しました。
そうそう、flavorさんとこへの訪問、ありがとね♪
昨夜は、一緒に焼肉をガツガツバクバクしてました~(笑)

ナオパパさん、こんにちは、megです。

今、看護師さんへの講義を終えて博多へ戻るとこです。
やった〜♪、これから三連休。
まっ、昨日も休んだみたいなものですけどね!。
ほんとに、博多は5年も住んでいるのですが、まだまだ素敵で楽しいとこですよ〜。
なぁーに、焼肉バグバグしたぁ〜?、なんでmeg呼んでくれないのぉ〜?、今度はお土産持参でお邪魔させて頂きまぁ〜す♪。
ではまた、この連休も耳寄り情報求めて、近郊をさまよってみますね、お楽しみに!。


はつコメです。
コメントありがとうございました。

九州は大好きなところで、よく仕事でも行かせていただきました。
太宰府、大好きで やっぱりさだまさしの飛梅はいい曲です。
学生の時、ずっとフォークソングばっかり聴いてましたので、
それ以外の歌は、あまり詳しくありませんww

また、お邪魔させていただきます。
サッカーは、あまり見ないので、ナビスコ・カップのコメントは、差し控えさせていただきますwww
ではsoccer

零さん、ご訪問・コメント、ありがとうございます。

megの父は、瀬戸内の金魚の形をしたみかんの島、民俗学者、宮沢常一氏と同郷です。
ですから、今でも山口・広島には親類、縁者が多くいます。
幼少の頃、里帰りをすると大人は宮島ボート、こども達はナタリーの遊園地でよ~く遊んでいました。今はもうナタリーないんでしょう...残念。

私も、70年代、その頃、多感な時期を、フォークとともに過ごしてきました。さださんには「縁切寺」という、北鎌倉「東慶寺」を歌った曲もあり、若い頃はそこまで訪ねて行ったmegです。
今でも、アリス、N.S.P、井上陽水、村下孝造、大塚博堂、松山千春は毎日、日課のように聴いています。
ある一面、どこか時間が止まっていると、言われています...自分では古風と思うのですが...(笑)。

サッカーは、やはりプロより高校サッカーの方が感動がありますね。
でも、大分は同じ九州ですし、あこがれの方が実況担当だと聴いていたので、張りきって応援してました。

では、私もまたお邪魔させていただいきますね。
今後とも、宜しくお願いいたしま~す♪。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そろそろ博多から...。 | トップページ | 今日の「ナビスコ・カップ」から...。 »