« 2010年12月3日のつぶやき。 | トップページ | 第64回福岡国際マラソン。 »

2010年12月 4日 (土曜日)

あなたの「泣ける歌」を教えて!

twitter / ns_megumi Twitter / ns_megumi

こんばんは~。

お久しぶりです...長い間留守にして

コメントに心配のコメント届いておりました。

ありがとうございます。

御心配をおかけしました...ごめんなさい。

毎日、元気に忙しく、お仕事したり

楽しく遊んだりしてました!

そして、気づいたら九州場所も終わり

師走になってました!

時間が24時間では足りないと感じるくらいで...。

まぁ~年を重ねて少々、動きも鈍くなってますから、

暫くは、頑張って切り抜けるしかないですね。

0

今日のタイトルはココログのブログネタから頂きました。

あなたの「泣ける歌」を教えて?

やっぱり、中学生の頃この「帰らざる日々」を聞いて

ええぇ~~こんな詩を歌に...

この方、そのあとどうなったの?と、

涙しましたぁ...多感な時期でした(笑)

では、また時間を作って更新します。

元気ですから!安心してください。

またねぇ~(*^-^) 

tulip↓いつも応援ありがとうございます、また、博多を訪ねて下さいね。 virgo

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へにほんブログ村にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村FC2 Blog Ranking

« 2010年12月3日のつぶやき。 | トップページ | 第64回福岡国際マラソン。 »

コメント

「泣ける歌」に反応してコメしました。
私は「大橋卓哉さんのありがとう」でいつも泣かせてもらってます(笑
大変失礼しました。
http://www.youtube.com/watch?v=Fm8N06BnA6Y

おはようございます♪
この曲、私も中学生時代にラジオで聴いてワンワン泣きましたわー。
ここ数年はカッチーニのAve Mariaで涙をしぼり出しております。

頑張っておられるようですね。
ひと段落しましたか?

福岡も寒くなってきたでしょうから
風邪など引かないようにしてくださいね。
(引いてる暇も無い?)

泣ける歌…
「津軽海峡冬景色」かな・・・
新幹線が故郷青森まで開業して、地元は活気づいていますが、そこまでにいろんなものがなくなりました。
青函連絡船… 青森と函館を3時間50分で結んでいた船。
青森・函館市民にとって生活の一部、風景の一部、出向の時に響かせる汽笛は時計代わり。
雪の降る中、入港する連絡船、出港する連絡船 青森・函館駅は内地と道内を行き来する人々。
どちらの駅も、それらの人々があふれまさに、あの歌そのものでした。
私にとって「津軽海峡冬景色」は禁句です。カラオケで連絡船が背景に出てきて、「上野発の~」と聞こえてくると、涙があふれます。それほど、感慨深いものでした。
たぶん、今回のテーマと外れてると思いますが、私の泣いてしまう歌でした。

tulip biki さん、こんばんは。

biki さん、はじめまして、コメントありがとうございます。
はい、何方にも泣ける歌って...あるんですよね。
昭和のフォークはいつ聞いてもいいです。

tulip Arissaさん、こんばんは。

Arissaさん、コメントありがとうございます。
この曲、いつ聞いても悲しくて...
泣けてきますよね。
中学生の頃、多感な時期でしたから、
私も泣きました...。

penguin angkor56jpさん、こんばんは。

angkor56jpさん、コメントありがとうございます。
はい、毎日、毎日、朝早くから夜遅くまで
貧乏暇無しです...。

博多も夜には4℃まで気温が下がって
寒い日が続いています。
この忙しさも年明けまで続くので
風邪ひかないようにしたいですね~。

penguin しもちゃん♪さん、こんばんは。

しもちゃん♪さん、コメントありがとうございます。
文明の発達と思い出の搾取は表裏一体ですよね。
進歩や開発によって、無くしてきたものがたくさんあります。
その思い出に歌が重なると、その曲名を聞いただけで
涙が溢れますよね。
しもちゃん♪さんは青函連絡船、忘れないでいて下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051857/37959513

この記事へのトラックバック一覧です: あなたの「泣ける歌」を教えて!:

« 2010年12月3日のつぶやき。 | トップページ | 第64回福岡国際マラソン。 »